SmoothGrowを使いこなそう!設定から利用までの専門用語集

ホームページ作成サービスBiNDupのマーケティング機能「SmoothGrow」では、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの複雑なデータをわかりやすくまとめて表示し、改善のヒントを得ることができます。
SmoothGrowを使うには、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleに登録して連携する必要があるので、初期設定から実際に利用していくまでにいくつか理解しておくべきマーケティング用語が出てきます。
ここではSmoothGrowに出てくる専門用語やよくあるエラーの対処方法をまとめて解説しますので、SmoothGrowをご利用の際にぜひお役立て下さい。

初期設定時に使われる用語

Google Analytics

Googleが提供するアクセス解析ツール。Webサイトのアクセス数やユーザー数などのデータを見ることができるほか、サイト内での動きや成果なども解析できます。

Google Seach Console

Googleが提供するWebサイト解析ツール。Google検索上でのサイトの状態を見ることができます。Analyticsがサイト訪問後を解析するツールだとしたら、こちらは流入キーワードや順位など訪問前の検索状況を把握するために使います。

Googleアカウント

Googleが提供する様々なサービスを利用するため無料で発行できる、ユーザー名が〜@gmail.comになるアカウント。

トラッキングコード

Google Analyticsが発行する計測コード。<hrad>タグ内に入れることでそのページのアクセスデータが収集されます。BiNDupでの設定方法こちらをご覧ください。

トラッキングID

トラッキングコード内に含まれるUA-からはじまる固有のID。
トラッキングコードとID

Googleタグマネージャ

ページに仕込んでおく計測タグや広告タグ等を一元管理できるGoogleのサービス。タグの追加や変更をしたい時に、各ページごとのHTMLを編集することなく、管理画面からまとめてソースコードに反映できます。

アナリティクスの解析が便利に!3分で分かるGoogle タグマネージャの始め方

Google Seach Consoleのメタタグ

Google Seach Consoleでサイトの所有権を確認するために<head>内に入れるHTMLタグ。BiNDupでの設定方法はこちらをご覧ください。
Google Search Consoleのメタタグ

Google Analyticsのビュー

Google Analyticsを設定したサイトの分析レポートが確認できる項目。ビューを追加することでサブドメインやディレクトリ単位での分析レポートを分けて見ることもできます。

サイト解析利用時に使われる用語

IMP(インプレッション)

広告やSNSの投稿がページやタイムラインに表示された回数。

XMLサイトマップ

サイトのページ構成や情報を検索エンジンに早く読み込ませる用のファイル。SEO大きくに影響し、BiNDupでは自動的に作成されます。

オーガニック(自然検索)

サーチエンジンの検索結果で、広告枠ではないもの。オーガニックサーチやナチュラルサーチとも言われます。

CTR(クリック率)

広告やWebサイトへのリンクが、クリックされた数÷表示された数をパーセンテージで表した数値。

検索クエリ

ホームページが検索された際に使われたキーワード。

CV(コンバージョン)

Webサイトの訪問者が購入や成約なの成果に至ること。訪問者全体に対して成果に至った人の割合をコンバージョンレート(CVR)と言います。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)

検索エンジン最適化。自然検索での表示順位を上げるためにWebサイトに施す工夫のこと。

セッション

訪問者がWebサイトにアクセスしてから離脱するまでの行動の単位。

(not set)

リファラースパムやGoogle Analyticsがキーワードデータを取得できない検索エンジンからのアクセスなどで表示できない状態。

平均検索順位

検索結果で該当のサイトが上から何番目に表示されているかの順位。

ペルソナ

ライフスタイルやプロフィールなどの情報を細かく想定したユーザー像のこと。

LP(ランディングページ)

訪問者がサイト内で初めて訪れるページ。もしくは、広告のリンク先となっている商品やサービスの宣伝に特化したページ。

リード

商品やサービスを購入する見込みのある客のこと。より購入の可能性の高いリードを絞り込むことをリードクオリフィケーションと言います。

リファラー

訪問者がWebサイトにアクセスする際に参照したリンク元のページの情報。

流入経路

どうやってサイトに入ってきたかの分類。自然検索流入、広告などの有料検索流入、SNSからの流入、外部サイトのリンクからの参照流入、ブックマークなどの直接流入などがあります。

よくあるエラーの対処方法

SmoothGrowで以下のエラーが起きた際はこちらをお試しください。

その他のSmoothGrowに関するマニュアルはこちらからどうぞ。

また、Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの登録からSmoothGrowの初期設定までの手順は以下の記事で詳しく解説しております。

SmoothGrowの初期設定でつまずかないためのGoogleアナリティクス入門

SmoothGrowでWebマーケティングをはじめよう!

SmoothGrowダッシュボード
Webマーケティングはサイトを運用していくにあたってとても重要ですが、聞き慣れない専門用語が多く、解析ツールの使いこなしも難しいのでなかなか実践や継続ができない方も多いのではないでしょうか?
SmoothGrowでは一般的なWebマーケティングに必要なデータのみを初心者の方でもわかりやすいように表示し、サイトの課題を見えやすくしてくれる機能です。
今回解説した専門用語さえ覚えておけばすぐに始められるので、ぜひご自身のサイトを設定してチェックしてみてくださいね。
Webマーケティング用語をより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

これだけは覚えておきたい!Webマーケティングの基礎用語集−カテゴリ別−

SmoothGrowについて詳しく見るBiNDの制作事例を見る

Googleアナリティクス・サーチコンソールで見るべき15の数字

無料だけど少し難しいGoogleの解析サービス。どこをチェックすべきか、押さえたい15の項目をわかりやすく解説します。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • SmoothGrowを使うにはGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleの設定が必要
  • BiNDupではサイト設定からGoogleのサービスを設定できる
  • SmoothGrowでは最低限の専門用語を覚えておけばWebマーケティングができる

RECOMMEND ARTICLE