分析から課題まで見えるWebマーケティングツール

Google Analytics」や「Google Search Console」のデータから、サイト改善のために必要なデータのみを抽出。具体的なユーザー像や設定した目標達成までの経路も提示するシンプルでわかりやすいマーケティング機能です。

 

「サイトを解析」でサイトの状態、変化を把握

複雑なアクセス解析ツールの情報の中から、Webマーケティングする際によく使うデータだけをピックアップし可視化します。サイトへのアクセス状況から課題点を把握できます。

4つの指標
 

最も重要な4つの指標の変化をグラフ化

「検索結果への表示回数」「クリック数」「目標達成数」「検索結果の平均順位」のデータを任意の期間でグラフに。サイトの更新日はマークが付き、更新後の反応も確認できます。

流入経路
 

流入経路でアクセスのきっかけを探る

サイトへの流入元がどこかを知ることで、強化すべきサイトへの誘導やアクセス数の変化の背景を探る手がかりになります。

検索キーワード
 

自然検索のキーワードランキング

訪問者がどのような情報を求めてサイトにアクセスしているかがわかるランキング。キーワードに合致したコンテンツが検索順位も上がる傾向にあります。


代表的なユーザー像をキャラクター化して分析する「ユーザーを解析」

サイト訪問者のペルソナを様々なデータから得た情報でキャラクターにして表示します。
どんな人にサイトを見られているかがよりイメージしやすくなります。

自動ペルソナを作成
 

訪問者の属性や関心事がわかる

サイトの代表的なユーザーの基本的なプロフィールや消費活動をシンプルにまとめ、最初に想定したユーザー像とどのくらいマッチングしているかもわかります。

訪問者のグラフ
 

全体の訪問者の比率をグラフ化

ユーザー全体の性別、年齢、使用デバイスをグラフで比較できます。代表的なユーザーだけでなく、2番目、3番目のデータも俯瞰してみることができます。

お金を使う関心事
 

「消費活動」の把握が成果へのカギに

実際の購入データなどから、ユーザーがコストをかけたいと思う事についてランキング形式で表示。サイトから成果へつなげるキーワードのヒントになります。


それぞれの目標に合わせたサイトの課題と達成までの道筋をサポート

分析目的やゴールを設定して、成果へのステップや実際のアクセス状態からの評価が見られます。スマホにも対応しているので、どこにいても確認できます。

複数人でのブログ更新
 

目標ごとに重視すべき数値を分析

購入や成約、資料ダウンロードなどサイトによって目的は様々。それぞれのゴールとなるページを設定して現在の状態を総合評価します。

スマホから投稿
 

訪問者の入り口ページが成果の分かれ道

サイト内で最初に見られるページがどういうものであるかによって最終的な成果が左右されます。どのページが入り口になっているかを把握しておくと、改善点を探ることができます。

記事にSNSのコンテンツを引用
 

ゴールに至るまでのフローをチェック

ゴールに設定したページにたどり着くまでの流れや件数を追うことで、どんな情報を得て成果へつながったのかを3つのステップで見ることができます。

※SmoothGrowはWebサービスです。利用にはBiNDupの契約が必要です
※まずはベータ版にて提供したのちに、正式版をリリースいたします

BiNDupロゴ
 BiNDupをはじめよう

サーバー込のサイト制作が 最大30日間無料!