GA4の移行に伴うよくある疑問に回答!機能変更や注意点は?

Web解析ツール「Google アナリティクス」の機能が大幅にバージョンアップし、GA4になってしばらく経ちました。そして、2023年7月1日には、従来版(Universal Analytics、ここではUAと略します)のサポートが終了して、計測自体がストップされることが発表されています。

この記事では乗り換えにともなう注意点やよくある疑問点をまとめつつ、移行手順や注目のレポート機能を解説した無料のスタートガイドもダウンロードしていただけます。

GA4とは?

Googleの無料で使えるWeb解析ツール「Googleアナリティクス」の機能が大幅にバージョンアップした、Google Analytics 4プロパティのことを略してGA4、ジーエーフォーと呼ばれています。

GA4は、昨今のマルチプラットフォームでの利用を計測するニーズや、よりユーザーの行動を理解しやすいように改良・変更が加えられています。2023 年7 月1 日まで従来のUA(ユニバーサルアナリティクス)と並行利用できますが、その後はGA4 のみの提供となることが決まっています。

→自分でサイト運営できるノーコードCMS「BiNDup」を30日無料トライアル

Google アナリティクスを新バージョンへ更新しないとどうなる?

Googleアナリティクスの従来版(UA、ユニバーサルアナリティクス)は、2023年の7月1日に計測が止まります。その日以降は、新しいGA4に移行しないままでいると、訪問者数もなにもデータが取れなくなります。

インストールタイプのソフトやプロダクトのサポート終了とちがって、サポート終了から即動かなくなることに注意してください。

過去のデータとの比較や、数の推移を見ることがWeb解析には必要ですから、なるべく早くGA4を入れておきましょう。ちなみに、従来のUAと新しいGA4は別々に動作します。UAの過去データをインポートして引き継いだり、設定を更新することはできません。

また、GA4をインストールしても、現在動いているUA側には影響は出ませんので、UAのサポート終了までは2つを並行して使えるので安心してください。

Google、ユニバーサルアナリティクス終了のお知らせのページ

ユニバーサルアナリティクス終了のお知らせ(Googleサポート

GA4を始めると、UAの設定やユーザーは引き継がれる?

GA4を始めるとき、新規に「GA4プロパティ」を作成します。UAにもサイトごとにプロパティ設定がありますが、これらは機能的にかなり大きく違うため、インポートや引き継ぎの機能は用意されていません
新規にGA4を作成して、設定を行います。また、UAで登録されていた管理者・編集者・閲覧者といったGoogleアナリティクスを見られる権限を持っているユーザーも引き継がれないので、[管理画面]→[アクセス管理]で、あらためて登録し直しましょう。

GA4のアクセス管理には、[アカウントのアクセス管理]と[プロパティのアクセス管理]があるので、サイト(アプリ)単位でのアクセス管理は[プロパティのアクセス管理]で登録します。

GA4の管理画面→プロパティのアクセス管理

→Googleサービスとの連携も簡単!ノーコートCMS「BiNDup」を30日無料トライアル

GA4でのビューの設定は?

これまでGoogle アナリティクスでは、サイトの設定は「プロパティ」で、さらに細かく設定を行う場合に「ビュー」を切り替えることができました。ビューフィルタを使って、特定のドメインや特定のディレクトリのみの状況をチェックするとか、特定のIPアドレスを除くといった使い方がよくあります。

GA4では、ビューの機能自体がなくなりました。そのため、特定のIPアドレスからのアクセスを除外する場合(自社からのアクセスなど)は、GA4の[管理画面]→[データストリーム]→対象とするデータストリームの設定→[タグの設定を行う]→[追加の設定]→[設定]で「すべて表示」を選んで、[内部トラフィックの定義]から設定ができます。

Googleタグの設定

そのほか、ビューによって特定のディレクトリの成果だけ見るなど「比較」をしたい場合は、各レポートで「比較対象を追加」を使ってみてもよいでしょう。すべてのビューの機能がGA4に移行されたわけではありませんが、新しい使い方を取り入れていきましょう!

Googleのレポート

レポート画面の上のほうに「すべてのユーザー」が表示されている隣に「比較対象を追加」というボタンがあります。クリックして特定の設定やディメンションで、「○○」を含む、除外するなどの比較対象データを作成できます。

マイレポートやカスタムレポートは?

Googleアナリティクスでは、マイレポートの作成機能がありました。またレポートを定期的に指定したメールアドレスへ配信するという機能もなくなりました。もし便利に使っていた場合は、残念ですが、データポータルでダッシュボードを作るのがよいでしょう。

データポータルは、Googleアナリティクスの画面の上でプロパティ名をクリックすると、ツールの切り換えボタンが表示されており、クリックしてすぐに無料でスタートすることができます。

データポータルを開く

→Googleサービスとの連携も簡単!ノーコートCMS「BiNDup」を30日無料トライアル

GA4の移行は免れない

ここまで、よくある疑問をまとめてみました。GA4への移行にともなって不便や手間はありますが、新しい計測ツールになることで、今後よりよいサイトの計測が可能になりますし、なにより、無料で使い続けるには移行は免れません。今後のためにも、早めに導入を進めておきましょう!

GA4への移行手順や、注目の新機能のレポートの見方を詳しく知りたい方はスタートガイドを無料でダウンロードしていただけます。ぜひ参考にしてくださいね。

GA4スタートガイド|移行方法とレポート機能をやさしく解説

GA4をこれから始める方は必見!従来のGoogleアナリティクスとの違いからGA4への移行手順を丁寧に解説。注目の新機能のレポートの見方も紹介します。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • 2023年7月1日以降、従来のGoogleアナリティクスでのデータ計測は一切不可能に
  • GA4には、従来のアナリティクスの設定やユーザーは引き継がれない
  • 移行が不安な方は手順を丁寧に解説したスタートガイドがお勧め

RECOMMEND ARTICLE