Webデザインを独学で習得 | 必要なスキルやステップ、注意点まで丸ごと解説

Webデザインは、専門学校などに通わなくても独学で学ぶことができます。この記事では、Webデザインを独学で学ぶ具体的な方法や気をつけたいことまで解説しています。最後まで読めば、これからWebデザインを勉強したい人にとって、重要な情報をきちんと理解できると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webデザインに必要なスキル

Webデザインには、どのようなスキルが必要とされているのか、以下で代表的なスキルについて解説します。

欠かせないスキル

Webデザイナーには、デザインに関する理論や配色のバランスなどの基礎的なデザインの知識・スキルの習得が不可欠なだけでなく、技術が日進月歩であるがゆえ最新の技術にも精通している必要があります。
必ずしもWebデザイナーは、高度なコーディングスキルが必須ではありませんが、Webサイトの構築に必要なWordPressで代表とされるCMSを扱えることが重要です。
そのほか、Webサイトを作成するにはイラストや画像の編集・加工などの作業が入るため、デザインツールの操作を身につけることも求められるでしょう。

発展的なスキル

上記で挙げたデザインスキルを上げるために、IllustratorやPhotoshopなどのツールを操作できると、デザイン性の高いイラストや画像を作成できます。
また、コーディングに不可欠な、HTMLとCSS、JavaScriptの基本的なコードの理解があるとより望ましく、JavaScriptを使いこなせるようになれば、デザインの自由度を広げられます。

Webデザインを独学で効率よく学ぶための流れ

Webデザインを独学で効率よく学習するための流れを以下で解説します。

コーディングを勉強してからデザインを勉強する

効率よく学習するために、コーディングなどのWeb専門分野のスキルを身につけてから、デザインの基礎という順番で自分のカリキュラムを計画しましょう。
コーディングから学ぶ理由は、コーディングによって作成可能なデザインの種類や、どのようなサイトデザインができるのか、といったことを理解するうえで必要になるためです。また、コーディングの知識やスキルの習得ペース、理解度などから、自分の適性を見極めることも可能です。

Webデザインを身につけるためのステップ

次に、専門的な知識を身に付けるための具体的なステップを解説します。

1.動画や参考書で知識・スキルを身につける

まずは、動画、参考書を利用し、デザインの基礎的な知識やスキルについて学びます。Webデザイナーが解説する動画を視聴したり、企業が運営するWebサイトへ会員登録すると解説動画を見たりなどすると良いでしょう。
とくに、デザインの全体像を把握してから、細部の知識やスキルを学ぶことで、より効率よく基礎知識を学習できます。

2.既存のWebサイトを模写する

基本的な知識やスキルを習得した後は、すでに公開されているWebサイトのコードを模写しましょう。コードの模写によって、どういった要素をどこに配置すればいいのか、余白はどの程度取ればいいのか、見やすいテキストのサイズなどを実践的に学べます。
Webサイトを模写する際は、デザインツールが必要です。自分が使いやすいデザインツールを導入し、簡単に模写できるWebサイトから始め、徐々に難易度を上げていきましょう。

3.自分でサイトを作る

スムーズに模写ができるようになったら、自分でWebサイトを作成します。Webサイトを作成する際は、完成度の高いものを目指さずに、簡単なサイトデザインから始めていくことが大切です。最初は、1サイトを完成させることを目標にしましょう。

ノーコードCMSを使いこなす方法も

先ほど、Webデザイナーは必ずしもコーディングスキルが必須ではないとご紹介しました。
その理由は、カスタマイズ性の高いノーコードCMSがたくさんリリースされており、それを上手に活用すれば、コーディングの知識やスキルがない人でもWebサイトを作成できるからです。また知識のある人でも、ソースコードの入力を省略できるため、作業を効率化できるというメリットもあります。ノーコードCMSがどのようなものかがわかれば、コーディング以外のWebデザインも可能です。

代表的なノーコードCMSは、BiNDup、Studioなどです。BiNDupは、Webデザインの内製化に必要な機能がそろっているWebサイト作成ツールで、画像やテキストを編集するだけでWebサイトを作成できます。Studioは、リアルタイムでの共同作業が便利なのが特徴のCMSです。

BiNDupの操作画面

BiNDupのようなノーコードCMSなら、ソースコードを書かずに直感的な操作でWebサイトを構築することができます。

レベルアップするために使っておくべきツールとは?

CMSやデザインツールを活用すれば、Webサイトなどの作成を効率化できます。以下では、それぞれのツールの特徴を解説します。

WordPress

Webサイトの構築からコンテンツの公開、運用まで行えるWeb上のソフトウェアです。企業のホームページから個人ブログまでと、ビジネスから個人の趣味、副業などで幅広く利用されています。公式サイトによると、世界中のWeb上で公開されているサイトの約41%がWordPressを使用しているとされています。
WebデザイナーとしてWordPressを活用するなら、WordPressの構造や利用できる機能、使用するファイルなどから理解を深めていくことが大切です。 WordPress

Illustrator

ロゴ画像やイラストは、Illustratorを用いて作成されるケースが多いです。Webサイトの制作にあたり、ロゴ画像の提出も求められる場合もあるため、Illustratorで作成したロゴ画像を形式変換して保存する方法なども把握しておきましょう。
Illustratorでは、図形を組み合わせるなどの方法で、イラストを作成できます。テーマを決めてから作り始めることで、実践的なスキルのレベルアップに繋げられます。 Illustrator

Photoshop

画像素材の編集や加工などに使用する画像編集ソフトウェアです。画像や文字を使用してバナーや手書き風のイラストなどの作成、写真の補正など、多様なシーンで活用できます。
Illustratorのほうが優先度は高いものの、Photoshopを活用できれば、画像素材の作成や編集などの作業がしやすくなります。また、Photoshopで練習を重ねれば、デザインのセンスを磨くことも可能です。 Photoshop

Webデザインを独学で学ぶメリット

独学は、自分で学習カリキュラムやスケジュールを計画するなど、大変な面もありますが、メリットもあります。以下で詳しく解説します。

費用を少額に抑えられる

独学で学ぶ場合、Webデザイン専門のスクールに通う必要がないため、学習にかかる費用を安く抑えられます。専門のスクールに通学する場合、受講料だけで数十万円の高額な費用が必要です。一方、独学の場合は、書籍の購入費用などの最低限の出費で抑えられます。
さらに、費用を抑えて独学で学ぶなら、インターネットをうまく活用しましょう。たとえば、Webデザイナーとして実績がある人の解説動画や解説ブログなどで学ぶ方法もあります。

自分のペースで学習できる

独学であれば、自分が習得していない知識やスキルだけに的を絞って学習するなど、自分のペースにあった進め方を選べます。
スクールや講座に通う場合は、スクールや会場へ移動する時間が必要なうえに、カリキュラムも固定されているため、時間や場所、学習内容を自由に選べません。
一方、独学であれば、学習するタイミングや期間はもちろん、学習範囲も自由に選べるため、短期間でのスキルアップを目指す人にもおすすめです。

自分で問題を解決する力が身に付く

基本的に、独学で学ぶ場合は、わからないことがあっても自力で答えを見つけなければなりません。そのため、不明点があれば、自分で調べる習慣を身につけられます。身近に指導してくれる人がいなくても、大半のことはインターネット上で答えや解決策を探すことが可能です。
自分で調べる習慣を身につけておけば、ビジネスシーンなどでも役に立ちます。とくに、企業に就職するとWebデザイナーは自分だけというケースもあるため、自己解決力が求められます。

Webデザインを独学で学ぶ際の注意点

独学で学ぶメリットがある反面、注意すべきデメリットもあります。以下を参考にして、効率のよい学習方法を検討しましょう。

わからない場合に質問しにくい

独学で学ぶ場合、自分で調べる習慣が身につく反面、誤った知識を学習してしまうリスクがあります。そのため、情報を正しく取捨選択するスキルが不可欠です。
とはいえ、情報の選別に時間をかければ、学習スピードは遅くなり、Webデザインに必要な知識やスキルを習得するまでに時間がかかってしまいます。
対策として、独学している人でも気軽に質問できる環境を整えておくことが重要です。たとえば、Webデザインやコーディングなどに特化したQ&Aサイトの利用や、Webデザイン関連の人たちが集まるコミュニティへの参加もおすすめです。

モチベーションを維持しにくい

独学で学び続けるためには、強い意志が必要です。独学の場合は、自分でカリキュラムやスケジュールなどを組まなければなりません。さらに、決めたスケジュールに沿って学習を進められるよう、日頃からモチベーションを維持し続ける必要があります。
モチベーションを維持するためには、毎日、学習する時間を確保するようにしましょう。学習する時間がとれない場合でも、スキマ時間を利用して学習期間を空けないことが大切です。

自分の現在の実力がわかりにくい

スクールや講座などに通う場合は、講師などから客観的な評価してもらえるため、現在の実力や不足している知識やスキルを正しく把握できます。しかし、独学の場合、実務レベルで自分の知識やスキルが通用するのかがわからないため、不安になりやすいです。
自分の現在の立ち位置を把握するには、アウトプットがおすすめです。学習した内容をアウトプットすれば、学んだことをしっかりと理解できているのかを判断する目安にできます。

まとめ

Webデザインに必要なコーディングの知識やスキルは、スクールや講座などに通わなくても独学で学べます。デメリットもあることを理解しつつ、自分は何が得意なのかにあわせて対策を練ってみましょう。

習得したWebデザインの知識を生かして、できる範囲でサイト制作の実践や経験を重ねていこうと考える方には、デジタルステージが提供するBiNDupがおすすめです。BiNDupは国産CMSで、デザイン性に優れた本格的なWebサイトがノーコードで作れるWebサイト作成サービスです。CSSをカスタマイズできる自由度があるのが特徴なので、サイトにオリジナリティを追求するのもよいでしょう。また、AMP対応や構造化データの対応など、Webの最新技術にもツール側が対応しているのが大きな魅力です。
独学でWebデザイナーを目指したいという方の一つの選択肢としてぜひおすすめです。 BiNDupのトップページ

無料でBiNDupを使ってみるBiNDの制作事例を見る

BiNDup GuideBook

Web作成サービス「BiNDup」の最新ガイドブック。サイトを外注せず自作する方のために制作から集客までできることをまとめました。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • コーディングの知識やスキルを習得したあとでデザインの基本を学ぶのが効率的
  • コーディングに自信がなければCMSを使いこなしてWebサイトを構築するのも賢い選択肢
  • 独学にはモチベーションの維持とアウトプットして理解度を図ることが重要

RECOMMEND ARTICLE