Webデザインを副業で行うには|仕事の獲得方法や必要なスキル

働き方改革が進み、副業を認める企業が増えています。Webデザインのスキルを活かした副業に興味を持っているWebデザイナーも多いのではないでしょうか。今回は、副業でWebデザインのスキルを発揮したい人に向けて、Webデザインの副業について解説します。仕事の獲得方法や必要なスキルなども紹介するため、参考にしてください。

→ノーコードで自由にWebデザインできる「BiNDup」を30日間無料体験する

Webデザインを副業で行うことについて

Webデザインを副業で行えば、副収入を得ることができます。ここでは、副業でWebデザインを行う際の特徴を紹介します。

Webデザインは副業でもできる

Webデザインは、作業環境さえあれば副業ができる業種です。作業環境はパソコンとインターネットのみであるため、ほとんどの場合在宅で仕事ができます。クライアントとのWebデザインのすり合わせや進捗状況の確認ミーティング、連絡などが必要ですが、ZoomやChatworkで十分対応可能です。

Webデザインの副業をすれば時間を有効に使える

働き方改革の推進により、有給休暇がこれまで以上に取りやすくなり、残業時間も短くなっています。Webデザインの副業をすれば、空いた時間を有効に活用できます。クライアントに出向く必要もなく、時間ロスもほとんどありません。

副業でのWebデザインなら仕事を選べる

副業とはいえお金を得る限りは、プロフェッショナルなクオリティでWebデザインを仕上げなければなりません。しかし、相性の良くないクライアントや苦手な分野のWebデザインなら断れます。自分の得意分野で、自分のスキルを活かせるWebデザインだけを選べるのは大きなメリットです。

副業でWebデザインの仕事を獲得する方法

副業を行うにしても、仕事を獲得する方法が分からなければ、何も進みません。ここでは、Webデザインの仕事を獲得する方法を紹介します。

クラウドソーシングを利用する

Webデザインを副業で行っている人の多くは、クラウドソーシングを利用しています。クラウドソーシングに登録して、Webデザインの仕事を探し応募すれば、仕事を受けられます。発注の判断はクライアントですが、Webデザイナーからアプローチすることも可能です。スキルが上がれば、難易度が高く高単価な仕事を受けられるかもしれません。

ポートフォリオを作り自分のサイトに掲載

副業を始めるにあたっては、まず、ポートフォリオを作成することが大切です。ポートフォリオには、自分のスキルはもちろんですが、感性やセンス、得意な分野、方向性を載せます。クライアントが、一読するだけで判断できるように作成することがポイントです。

ポートフォリオは自分のサイトやSNSに掲載し、Webデザインの副業を求めていることを伝えなければなりません。

Agatha Photo

BiNDupのテンプレートAgatha Photo|ブログで作品紹介ページを管理できる構成

SNSを活用した個人のブランディングで受注

SNSを活用して、自分自身をブランディングすることで、Webデザインの仕事を受注できるケースもあります。ここでのブランディングとは、自分でなければできない仕事などをクライアントに認めてもらうことです。インパクトを与えやすく拡散されやすい、TwitterやInstagram、Facebook、noteなどを活用してブランディングを高めましょう。

集客の場として注目?!フリーランスや企業がnoteを使うワケ

人脈・コネクションを使って受注

これまで培ってきた人脈やコネクションを使って、Webデザインの仕事を受注することは、継続案件になりやすく安定感があります。そもそも、自分のスキルを理解してくれているため、副業にもやりがいを感じることができるでしょう。

→ノーコードで自由にWebデザインできる「BiNDup」を30日間無料体験する

副業でWebデザインを始める際の注意点

副業でWebデザインを行う際には、注意すべき点があります。ここでは、重要な注意点を4つ解説します。

本業の服務規程違反になっていないか確認する

副業を始めるにあたって、本業の服務規程に違反していないかを確認することが大事です。機密事項があるため、副業を禁止している企業もあれば、副業を認めているが本業のノウハウなどを利用できない、などの規定がある場合も少なくありません。本業に支障をきたさず、副業で得られた知識・経験を本業で活かせることが理想的です。

スケジュール管理

Webデザインの副業は、業務委託で出来高制が多くあります。Webサイトを制作すればするほど収入が増えることが特徴です。そのため、本業の時間なのに副業をするケースが見られます。

また、多くの案件を受注して、休むことなく働いてしまったため体調を崩すケースも少なくありません。スケジュールを徹底して管理し、無理のない範囲で副業に取り組むことが大事です。

20万円以上の副業収入は確定申告が必要

Webデザインの副業は、単価が高い案件が多いため、他の案件に比べて収入が増える傾向があります。副業は業務委託契約がほとんどあるため、本業のように企業が所得を申告してくれません。副業収入が年間20万円以上になれば、確定申告の義務が生じます。申告漏れで税務署からペナルティを受けないためにも、必ず正確に申告しましょう。

副業であってもいい加減な仕事はしない

副業は、本業と違って昇進や昇格が目に見えてないため、ついつい気が緩んでクオリティの低い仕事になるケースがあります。お金をもらう限りは、副業であっても本業と変わらぬクオリティの仕事をするのがプロフェッショナルです。本業と副業のどちらも、自分のスキルを最大限発揮すれば、結果として自身のWebデザインスキルが格段に高まるでしょう。

→ノーコードで自由にWebデザインできる「BiNDup」を30日間無料体験する

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーの副業を始めるためには、必要なスキルがあります。ここでは、必要な3つのスキルを紹介します。

Webサイト更新

Webデザイナーの副業では、Webサイトの更新が多く募集されています。既存のHTMLソースに修正や追加ができるスキルは不可欠です。1からWebサイトを制作するわけではないため、求められている専門知識やスキルは高くはありません。

HTMLやCSSはWebデザインの基礎スキルですので、身につけておきましょう。CMSが増えているとはいえ、CMSに頼り切りになるとクライアントの希望を実現できず、案件の単価も低くなります。

HTML/CSS

前途しましたが、HTML/CSSは、Webデザイナーの基本スキルです。さらに、Web制作に対応できているプログラミングスキルがあれば、コーディング作業の依頼も受注できます。基本スキルだけでなく、JavaScriptやSQLの知識があり、Webマーケティングに必要なSEOの知識があれば、Webサイトの制作や運営も請け負える可能性があります。

CMSのカスタマイズ

CMSは、コンテンツ・マネジメント・システムの略称であり、導入する企業が増えています。CMSのカスタマイズもWebデザイナーに必要なスキルです。CMSは、拡張性が高くデザインを変更できたり、機能を追加できたりします。CMSのカスタマイズを専門としている副業Webデザイナーもいるのです。

企業は独自色を出すために、CMSのテンプレートをそのまま利用するケースはほとんどありません。CMSは提供元によって、カスタマイズに必要な知識が異なりますが、知見を深めておいて損はありません。

Webデザインを独学で習得 | 必要なスキルやステップ、注意点まで丸ごと解説

→ノーコードで自由にWebデザインできる「BiNDup」を30日間無料体験する

Webサイトの制作方法

Webサイトの制作方法を理解しておかないとWebデザインの副業を受けられません。ここでは、3つの制作方法を解説します。

コーディング

コーディングは、プログラミング言語を用いてWebサイトを制作する方法です。プログラミング言語は多種多様ですが、HTML・CSS・JavaScriptの3種類が基本となっています。コーディングによるWebサイト制作は、幅広い専門知識と確かな技術力が必要です。デザインの制限がないため、Webデザイナーのスキルを最大限に反映できます。

ローコード

ローコードとは、ノーコードを用いながら一部のコードを書いてWebサイトを制作する方法です。カスタマイズしなければ、基本的に初心者でもWebサイトを制作できますが、独自色をだすためにカスタマイズする際にだけコードを書きます。コードとはソースコードとも呼ばれ、Webサイトを構成しているコードのことです。

ノーコード

ノーコードとは、コードを書かずにWebサイトを制作する方法です。コードを書かないため、プログラミングなどの専門知識がなくても、Webサイトが制作できます。Webサイトやアプリケーションの開発は、コードを書いて開発を行いますが、ノーコードはコードを使わないため、迅速な開発が可能です。

ノーコードでWebサイトを制作できるCMSに「BiNDup」があります。テンプレートの種類を、業種別に380種以上用意しているため、デザイン初心者でも高品質なサイトデザインに仕上げることが可能です。SEO対策だけでなく、SNS連携・スマホ対応など、運営や集客にも便利な機能も充実しています。

Webデザインを副業で行うには|仕事の獲得方法や必要なスキル

SEO対策やGoogle評価を意識したサイトが作れるBiNDup

→ノーコードで自由にWebデザインできる「BiNDup」を30日間無料体験する

ノーコードの種類とメリット

注目を浴びているノーコードのWebサイト制作ですが、種類によってメリットが異なります。それぞれの特徴を紹介します。

テンプレ型ノーコードとメリット

テンプレ型とは、多種多様に用意されたテンプレートを基に、簡単な操作でクオリティの高いWebサイトを作成できるメリットがあります。Webサイト制作の初心者でも扱えることも大きなメリットです。しかし、あくまでもテンプレートを基に制作したWebサイトであるため、デザインの自由度は高いとはいえません。

スクラッチノーコードとメリット

スクラッチ型とは、テンプレートがなくWebデザインをゼロベースから始める制作方法です。カスタマイズ性に優れ、コードが不要であることが大きなメリットです。自社の特徴を表現しつつも、簡単な操作でWebサイトを制作できます。ただし、カスタマイズには多少の専門知識も必要です。

サイト制作はノーコードのCMSの導入が効率的

デジタル化の推進により、Webデザイナーの需要は高まるばかりです。求人情報やクラウドソーシングでも貴重なスキルを取得している人材として扱われています。副業での需要も高いため、自分に適した案件だけに絞って受注することも難しくありません。

副業でWebデザインを行うのであれば、ノーコードを導入している企業を選ぶことが効率的です。企業側は、ノーコードを導入していなければ、クオリティの高いWebデザイナーと業務委託契約をすることが難しくなるかもしれません。

企業がノーコードを採用する場合は、「BiNDup」の導入を検討してください。副業Webデザイナーの確保ができるだけでなく、クオリティの高いWebサイトを簡単に作成できます。

Natural Sky

BiNDupのテンプレート Natural Sky|要件に合わせてカスタマイズしやすい構成のシンプルなデザイン

ホームページ作成サービスBiNDupを無料で使ってみるBiNDの制作事例を見る

Webデザインに役立つ配色アイディア

色の効果を理解し、ノンデザイナーでも配色が上手になるステップを学びます。業種やターゲットに合う色の選定に役立ちます。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • クラウドソーシングのほか、SNSやコネクションからも案件を獲得できる
  • HTML・CSS・JavaScriptの基本知識を身につけておくと良い
  • CMSを導入する企業が増えており、カスタマイズスキルも必要とされる

RECOMMEND ARTICLE