常時SSL化が無料は本当?賢い運用のために掛かる費用をすべてチェック

サイトを常時SSL化したいと思った時、常時SSL化の無料をうたっているレンタルサーバーやホームページ制作サービスは多く存在します。
常時SSL化にお金がかからないとしても、SSL化するために必要なことはたくさんあります。ドメイン自体の費用のほかにも、すでに取得しているドメインの移行費用がかかるケースなどさまざま。無料だと思ったのに違った!とならないように、以下を気を付けましょう。

簡単&賢く運用!チェックすべき常時SSL化の要件

まずは注意点を簡単にまとめると・・

無料で常時SSL化をする時の注意点

  1. 独自ドメインの利用も常時SSL化もどちらも無料か?
  2. ドメインの移行に費用はかかるか?
  3. 無料といっている常時SSL化が、共有SSLではないか?
  4. 複数のサイト(マルチドメイン)でも適用できるか?
  5. ドメインの設定や常時SSL化に時間がかからないか?

1:常時SSL化するために必要なのはの独自ドメイン。常時SSL化が無料でもにドメインが有料のケースがほとんどでしょう。またサービス自体は対応していてもコースによっては対応していないこともあるのでチェックしましょう。

2:すでに取得しているドメインを設定する際に、移行に料金がかかるケースなどがあります。

3:共有SSLとはサーバーの用意するドメインとSSL証明書を共有して使用するものです。独自ドメインを常時SSL化して利用するサービスではありません。たとえば「https://○○.サーバー会社が決めたドメイン名」となり、すべて任意で決められるオリジナルのドメインとは異なります

4:ドメインは通常、ドメインの数だけSSL証明書の取得が必要なので、サイトが増え必要なドメインも増えると有料になるケースもあります。

5:ドメインの設定は通常1-2時間の設定でも簡単といわれるレベルです。自分で実施できそうかをサポートページなどで確認しましょう。

サイトを初めて運用する初心者にピッタリなBiNDup

BiNDのサーバー機能
ホームページ制作サービスBiNDup」は上記の懸念をすべてクリア。さらに新しく独自ドメインを取得してBiNDのサーバーを使って公開するなら、ドメインの取得から常時SSLでの公開までが自動なので、サイトを初めて運用する初心者に特におすすめです。以下にBiNDupの独自ドメインと常時SSL化の要件をまとめました。

BiNDの独自ドメインの特長とメリット

  • 初年度無料のドメインがある
  • ドメインを新規取得する場合、設定が自動
  • 他社で取得済みのドメインも設定できる
  • 設定できるドメインは基本コースは5個、ビジネスコースは40個

BiNDupの基本コース以上は複数ドメインに対応。最大手「お名前.com」と連携しているため汎用型ドメインが取得できるほか、1年間無料のドメインも豊富に用意しています。
運用しているうち、サイトが増えても大丈夫。マルチドメインにも対応しているので安心です。

BiNDのサーバーで常時SSL化する場合

  • ドメインを新規に取得した場合、常時SSL化の設定が不要で簡単
  • 無料証明書のLet’s Encryptで認証を取得するので、常時SSL化に費用がかからない
  • 取得済みのドメインも常時SSL化できる
  • 複数サイト(マルチドメイン)の常時SSL化に対応している
  • 常時SSL化後のhttpからhttpsへのリダイレクトが簡単 ※2020年1月搭載

リダイレクトイメージ
BiNDupは常時SSL化に無料で対応します。BiNDupから取得したドメインなら面倒な設定も不要なほか、常時SSL化した後で旧URLを開いた際に新ページへ自動リダイレクトをするかどうかまで設定が可能。初心者にも簡単な設計です。

無料というだけでなく、できるだけラクに常時SSL化を行いたい人はすべて揃ったBiNDupをご検討ください。
制作事例
HTMLやCSSの知識がなくてもテンプレートから自在に作成でき、セキュリティも安心。

無料でBiNDupでサイトを作ってみる
BiNDの制作事例を見る