狙うキーワードでSEOに強くなるWebライティング法

BiND CAMP PASSメンバー専用記事です。記事を全て読むには対象商品の購入が必要です。

田中千晶

ブログ/オウンドメディアの運営担当として、記事の更新を真面目にしてきた。アクセスを集めるためのSEO対策にもコストをかけた。けれど成果が出ない……。

その原因は、検索キーワードを詰めこんだ間違ったSEO対策にあるかもしれません。確かに検索キーワードは重要です。しかし、最近のSEO対策で一番大切なのは、「ターゲットに寄り添う」ことです。

今月は、SEO対策の本質を学び、狙うキーワードで検索されるSEOに強いWebライティングを学びましょう。

▼サイトのアクセスを解析してSEOを上げる具体的な方法
https://bindup.jp/camp/marketing/promotion/23962
▼アクセスを増やして成果につなげる具体的な方法
https://bindup.jp/camp/marketing/23292
など、これまでの記事と合わせてご覧ください。

この記事で分かること

  • SEOと検索キーワードの本当の関係性
  • SEO対策に強い検索キーワードの決め方
  • キーワード以外のSEO対策のヒント

なお、セミナーではプロの講師がより実践的なレクチャーとアドバイスを行っています。
「狙うキーワードでSEOに強くなるWebライティング法」セミナー詳細は以下よりご検討ください。
セミナーの詳細を見る

SEO対策の本質とは?何をもって「SEO対策」なのか

SEO対策とは、検索結果で上位表示されるための技術です。上位にあるサイトほどアクセスしてもらえるので、売り上げに直結する大事なWebマーケティング施策のひとつです。

検索されやすくするために、サイトや記事の中にたくさんキーワードを入れようとするWeb業者もまだいます。
しかし、本当のSEO対策とは、キーワードをサイトや記事に詰めこむことではありません。SEO対策で一番大切なことは「ターゲットに寄り添う」ことです。

私たちが検索を行うのは、何らかの情報を得たいからです。
検索ワード
検索の結果、上位に表示されるのがユーザーの求めている情報サイトであればあるほど、検索エンジンのユーザーが増えます。よって、ターゲットの「知りたい」「解決したい」「ほしい」に誠実に答えるサイトが上位表示されやすいのです。

嘘が書かれていないことはもちろん、サイトの運営者独自の情報や専門性の高い情報が書いてあることも重要な指標になります。Webマーケティングで「よいコンテンツ(記事)をつくることが大切だ」と言われるのは、そうした理由からです。

検索エンジン最大手(※)のGoogleもユーザーに寄り添うことを第一にしています。
(※)全世界で約90%のシェアを誇る。2018年9月-2019年9月 desktop search engine market share、Mobile Search Engine Market Share StatCounter Global Stats社調査より
ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
Googleが掲げる10の真実より引用

ターゲットの困りごとや知りたいと思っている情報を把握することが、SEOに強いWebライティングのはじめの一歩になります。

顧客からはじめよう:ターゲットに寄り添うSEOとは?

検索イメージ
続いて情報の集め方や検索キーワードの選定について、具体的な手順を見ていきましょう。

1.ターゲット像を明確にする

検索で引き込みたいターゲット像を明確にしましょう。顔の表情や言動がクリアに思い浮かべば、よいターゲット像と言えます。

  • 基本情報(性別や年齢、居住地など
  • 学歴、職業
  • 生活パターン(勤務日と休日の過ごし方)
  • 性格、価値観
  • 人間関係
  • 趣味や興味
  • 収入、貯蓄性向
  • インターネットの利用状況、よく利用するデバイス

上記の項目を参考にしてみてください。

2.検索意図を想定する

ある検索を行おうと思った理由を「検索意図」と言います。自社のターゲットは、どのような検索意図を持っているでしょうか?自社に期待されるのは何だと思いますか?

検索意図の想定には、次のような方法があります。

この記事はBiND CAMP PASSメンバー専用記事です。続きを読むには対象商品を購入する必要があります。