予約サイトの作り方|最低限必要な機能をチェック

予約サイトを制作する方法には、さまざまな選択肢がありますが、自社の目的や予算に合わせて、適切な予約サイトの作り方を検討することが大切です。
この記事では、予約サイトの作り方や予約サイトに必要な機能などを詳しく解説します。おすすめの予約システムについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

→予約サイトがノーコードで作れるCMS「BiNDup」を30日間無料体験

予約サイトの作り方

予約サイトは、以下で紹介する4つの方法で作れます。それぞれの作り方の特徴やメリット・デメリットを解説します。

予約システムを導入する

予約システムとは、オンライン上の予約情報を管理するシステムです。企業サイトやSNS上などに設置された予約フォームを通じて、顧客は予約を実行します。予約システムを導入するとオンライン上の予約情報を一元管理でき、ダブルブッキングや登録漏れなどのリスクを回避できます。

多くの予約システムには、決済や顧客管理などに関するさまざまな機能が備わっています。予約システムを導入すれば、予約以外の業務の効率化も見込めます。

開発会社に制作依頼する

機能やデザインにこだわった予約サイトを作りたい企業には、外部の業者への制作依頼がおすすめです。

開発会社が準備している予約システムをベースにカスタマイズする場合は、比較的短期間で予約サイトを制作できる可能性があります。ただし、予約サイトの制作を一から依頼すると、納品まで1か月以上かかる場合がほとんどです。

また、開発会社と調整しながら制作を進めると、自社の担当者に負担がかかりがちです。加えて、発注費用もかかるため事前に予算を組んでおく必要があります。

自社・個人で制作する

予約サイトは自社・個人でも制作できます。自社・個人で作ると、予約システムを導入する費用や、開発会社に依頼する費用などを節約できます。スキルによっては、オリジナリティを感じられる予約サイトを制作できるかもしれません。

一方、自社・個人で予約サイトを制作するとなると、プログラミングスキルが必要です。また、自社・個人での制作は手間と時間もかかるため、早急に予約サイトを用意したい企業にはおすすめできません。

CMSのプラグインで制作する

CMSとは、Webサイトの制作に役立つ機能を管理するシステムです。WordPressのように、基本的に無料で利用できるCMSもあります。CMSにプラグインで予約機能を追加すると、予約サイトを制作できます。

プログラミングと比べると、ある程度テンプレート化されているCMSを使うことで、手軽にサイトを制作可能です。それでも、CMSを使ってWebサイトを制作した経験がなければ、プラグイン(拡張機能)の使い方などに苦戦するかもしれません。

CMSの機能を使いノーコードで制作する

ノーコードCMSのBiNDupのビジネスコースなら、予約機能のSmoothBookingが使えるので、専門知識がなくても簡単に予約サイトを作成することができます。

BiNDupの予約サイトのテンプレート

BiNDupには予約サイトのテンプレートがあるので作りやすい

→予約サイトがノーコードで作れるCMS「BiNDup」を30日間無料体験

予約サイトに必要な機能

予約サイトに導入しておくべき機能を紹介します。ユーザーの利便性や安全性の向上に向け、必要な機能を選定しましょう。

決済のバリエーション

決済機能があれば、会計業務の負担削減や無断キャンセルの防止に繋がります。例えば、サブスクリプションタイプのサービスを提供している企業は、事前決済機能があれば管理が効率化します。

また、顧客の立場からすると、決済手段が豊富な予約サイトは便利です。顧客属性に配慮しつつ決済手段を取りそろえ、予約サイトの利便性を向上させましょう。

セキュリティ機能

個人情報を扱うため、予約サイトにセキュリティ対策は欠かせません。仮に情報漏洩が発生すると、顧客が被害を受けるだけではなく、企業の信用も地に落ちてしまいます。

通信の暗号化(SSL)などに予約サイトが対応できるかをチェックしてください。また、プライバシーマークやISMSを取得しているかについても、セキュリティ機能を判断する際のポイントです。

予約を管理する

予約管理機能があると、顧客は受付や予約の変更を24時間できるようになります。予約管理機能は、顧客にとって利便性が高いものです。

企業にとっても、予約管理機能があれば業務効率化・人的ミス削減などに繋がります。また、キャンセル待ちの顧客に連絡する機能など、希望に応じて機能の追加を検討しましょう。

SmoothBookingの管理画面

SmoothBookingでは、一覧とカレンダーで予約状況が管理できる

顧客を管理する

顧客管理機能は、予約管理機能を通じて顧客が登録した情報を管理する機能です。顧客情報を分析・活用すると、自社のマーケティング活動を促進できます。

例えば、顧客情報からの性別や職業、年齢などの属性を分析すると、どのような顧客が自社のサービスを利用してくれているかが分かります。顧客属性に合わせた戦略を展開し、顧客ロイヤルティや売上の向上を目指しましょう。

→予約サイトがノーコードで作れるCMS「BiNDup」を30日間無料体験

予約サイトの制作はシステムの導入がスムーズ

冒頭で予約サイトの作り方を4つ紹介しました。予約サイトのスムーズな制作には、予約システムの導入がおすすめです。

予約システムにはさまざまな機能が備わっており、予約サイト制作の負担を軽減できます。既存サイトやチャットツールなどと連携できる予約システムもあります。

また、分からない点があれば予約システムのサービス提供者に問合せができるため、安心した予約サイトの運用が可能です。

予約システムの費用目安

予約システムによって多少の差はありますが、基本的には「初期費用+月額利用料」の料金プランが多く見られます。無料で使えるものもあれば、数万円程度必要なものもあります。

大規模なサイトが高機能な予約システムを導入する場合は、10万円を超える月額利用料が発生するケースも少なくありません。なお、月額利用料のみで利用できない機能を使いたい場合は、オプション料金を支払います。

Smooth BookingのようにCMSの機能として搭載されている予約システムの場合は、CMSの利用料金のみで使えるため、Webサイトの構築・運用費と併せて考えるとコストを安く抑えられる可能性もあります。

予約サイトの作り方|最低限必要な機能をチェック

SmoothBookingは、CMSのBiNDup付属の予約システムなので、別途費用はかからず基本のプランが利用可能

予約システムを選ぶポイント

顧客と企業の両方にメリットが見込める予約システムを選びましょう。機能や操作性、導入実績などが予約システムを選ぶポイントです。

必要な機能が搭載されているか

予約システムごとに提供する機能は異なります。自社にとって必要な機能を搭載しているサービスを選びましょう。希望する機能を網羅できるとは限らないため、機能に優先順位を付けるとサービスを選びやすくなります。例えば、上述した4つの機能はスムーズな予約サイトの運用に必須です。

操作性に優れているか

顧客と自社の従業員の両方にとって、使いやすい予約システムが必要です。例えば、顧客の立場からすると、予約情報の入力項目数が多すぎると敬遠したくなります。従業員目線では、直感的に操作できる予約システムが望まれます。飲食店など忙しいサービス業でも、操作性に優れる予約システムならストレスなく操作可能です。

予約システムによっては無料のお試し期間が設定されているため、事前に操作性を確認しましょう。

導入実績が豊富か

導入実績を確認すると、予約システムがどの業界・業種を得意とするかを把握できます。予約システムは、多くの業界で利用されるサービスです。そのため、導入効果を高めるなら自社の業界にマッチする予約システムの選定が重要です。

セキュリティのためにも、導入実績を確認してください。導入実績が多ければ、信頼性が高いシステムであると推測されます。

→予約サイトがノーコードで作れるCMS「BiNDup」を30日間無料体験

予約システムを導入する際の注意点

予約システムを導入する際の注意点を解説します。予約システムは便利ですが、集客などには他の施策を検討した方がよい可能性があります。

システムの導入だけでは集客に繋がりにくい

メールの自動配信や顧客分析の機能など、予約システムにも集客を支援してくれる機能は備わっています。しかし、あくまでも予約システムの役割は「予約情報の管理」です。予約システムを導入しても、集客力が向上する訳ではないと理解しておきましょう。集客を強化したいなら、集客専用のシステムの導入をおすすめします。

電話・メール予約との併用を検討する

予約システムでは、オンライン上の予約情報を一元管理できます。ただし、予約システムのみではインターネットの利用に慣れていない顧客を取りこぼす可能性があります。顧客の利便性を考えるなら、電話やメールと予約システムの併用もおすすめです。

その際、予約情報を適切に管理しなければ、ダブルブッキングが起きる可能性があります。電話を受けたらその場で予約システムに書き込むなど、運用ルールの構築が望まれます。

予約サイトの制作におすすめのサービス

予約サイトの制作には、予約システムの導入がおすすめです。BiNDupは低コストでWebサイトを制作できるサービスであり、業界・業種を問わず導入実績が豊富です。BiNDupでは、SmoothBookingという予約システムを利用できます。以下では、BiNDupの機能などを詳しく紹介します。

BiNDupとは

BiNDupとは、ノーコードでWebサイトの制作・運用ができるツールです。プログラミングなどの知識がない人でも、BiNDupなら手軽にWebサイトを制作できます。

また、BiNDupには予約機能やフォーム作成機能など、さまざまな機能が備わっています。予約サイトのデザインにマッチするテンプレートも豊富です。

Birdie Clinic

Birdie Clinic|ページ内に予約システムが組み込まれたBiNDupのテンプレート

SmoothBooking(予約システム)のメリット

BiNDupのビジネスコースには、予約システムのSmoothBookingが用意されています。SmoothBookingは、さまざまな業種やニーズに基づく利用を想定しており、企業と顧客の両方が使いやすい予約システムといえます。

SmoothBookingは予約数の上限を設定でき、リマインドやサンクスメールの発行も自動化可能です。顧客情報のデータベース化や既存サイトとの連携もできます。もちろん、決済機能も搭載されています。

サイトも予約システムもオールインワンで制作できるBiNDup

予約サイトには、さまざまな作り方があります。予約システムには予約サイトに必要な機能が備わっており、予約サイトの制作におすすめです。BiNDupには、簡単に予約システムを導入できるSmoothBookingが備わっています。

SmoothBookingを利用すると、予約システムをサイトに連携できます。顧客管理機能も決済機能もオールインワンで搭載されています。
また、SmoothBookingを利用する際は、ビジネスコースへの契約が必須です。30日間無料で利用できるので、ぜひお試しください。

SmoothBookingについて詳しく見る

ノーコードでできる!予約サイトの作り方ガイド

ノーコードCMS「BiNDup」の予約サービスがわかる使い方ガイド。予約フローや設定、管理方法を詳しく解説します。あらゆる予約タイプに対応する万能タイプのサービスです。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • 決済、セキュリティ、予約管理、顧客管理の機能は必須
  • 操作性や導入実績も確認し、導入を検討する
  • SmoothBoookingは、CMSに予約機能が付属しているのでWebサイトと一括で管理ができる

RECOMMEND ARTICLE