自社サービスにとって結果の出るSNS選定と目標の立て方

BiND CAMP PASSメンバー専用記事です。記事を全て読むには対象商品の購入が必要です。

田中千晶

提供している商品やサービスによって活用すべきSNSは変わってきます。
今回は各SNSの特徴をうまく活用し成果を出している企業の事例とともに、自社の製品サービスに合うSNSを選定し、運用していく上での目標設定についても解説していきます。

4大SNSの特性をきちんと理解したい方は以下の記事も参照してください。

それではさっそくTwitter、インスタグラム、Facebook、LINE@という4大SNSについて、活用のヒントを企業の成功例、失敗例を交えて紹介していきましょう。

①Twitterの拡散力をうまく活用した企業例

Twitterの特徴として、テキストベースの投稿とリツイート機能による高い拡散力があります。
また、Twitter特有のネタ系のツイートなどライトな感じの投稿が拡散されやすい傾向にあり、そこをうまく捉えて「堅いイメージの企業公式アカウントが緩い人間味のある投稿をしている」という企業イメージUPにつなげている事例をご紹介します。

SHARP:学生に親近感を与え、求人活動に貢献

自社の採用ページ対して「美辞麗句で薄っぺらな言葉」と発言した上で「中の人実感として数年前よりずっとマシ」というような、SHARPの経営不振や鴻海精密工業からの買収などの過去を自虐的に使い、その時よりはるかによくなっているという、社員としての思いをリアルに表現することで、遠くなりがちな就活生と企業との距離が近づき、他のユーザーのSHARPに対する企業イメージも上がった投稿事例です。

この記事はBiND CAMP PASSメンバー専用記事です。続きを読むには対象商品を購入する必要があります。