失敗しないホームページリニューアルの大原則!改善手順とおすすめツール

近年のデジタル技術の進化は、非常に早くなっています。企業のホームページのリニューアルが滞っている状態には留意が必要です。ホームページに訪れたユーザーが、興味を抱かないようになるかもしれません。
今回は、ホームページのリニューアルについて、その必要性から、おすすめできるサービスまで解説します。自社のホームページリニューアルの参考にしてください。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

ホームページをリニューアルする必要性

ホームページは、内製したり制作会社に依頼したりして制作します。問題なのは、ホームページをリニューアルしていないため、時代の変化に対応できていないことです。
以下のような場合にはリニューアルが必要となります。

ホームページのリニューアルが必要な理由

  • デザインが古くて魅力がない
  • ECサイトの売上が減少傾向になっている
  • SEO対策が遅れているためキーワードのターゲティングができていない
  • ナビゲーションメニューが整理できていない
  • ユーザーが使いにくい
  • ホームページの指標を改善が必要

自社のホームページの状況に応じて、全面リニューアルか部分的リニューアルを検討しましょう。

ホームページリニューアルの進め方

ホームページのリニューアルを闇雲に進めては、失敗する可能性があります。ここでは、リニューアルの基本的な進め方を解説します。

現状分析

ホームページをリニューアルするためには、まず、現状の問題点を把握しましょう。リニューアルを検討するに至ったきっかけを糸口に、問題点をあぶり出すことが重要です。問題点で表面的に分かるものは、メンバーで話し合いながら書き出します。

アクセス数やユーザーの属性や傾向、動向などは分析ツールを活用すれば、明確な数字を把握できます。問題点の把握ができれば、ホームページリニューアルのコンセプトを策定が可能です。

リニューアルのゴールを設定する

現状分析を行い、リニューアルのコンセプトが明確になれば、リニューアルホームページのゴールを設定します。ゴールは、リニューアルによって、何を改善するのかの指標であり、具体的なKPIを設定することが大切です。KPIの例は次のようになります。

KPIの例

  • ホームページ全体のアクセス数
  • 人気商品ページのアクセス数
  • コンバージョン数/率
  • 問合せからの離脱率
  • 検索キーワードからの流入数

定点観測調査を行い、PDCAサイクル活用したマイナー修正も効果的です。

失敗しないためのサイトリニューアルのいろは


→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

ホームページリニューアル業者の選定

リニューアル業者を選定する際には、ホームページリニューアルのゴールを達成できる業者を選ばなければなりません。最先端のデジタル技術も取り入れるのが通常です。現状の業者は、リニューアルのゴールにたどり着けないかもしれません。

価格相場も変動しているため、リニューアルの際には、いくつかの制作会社にリニューアルのゴールを伝え、相見積もりを取ることが有益です。

プランニング

ホームページリニューアルの制作業者が決まれば、具体的なリニューアルまでのプランニングを制作業者とともに設定します。その際には重要なのは、ホームページ制作のプロフェッショナルである制作会社からのブラッシュアップ提案です。リニューアルの企画に磨きをかけ、設定したKPIを達成するための戦略策定も、制作会社とともに練り上げましょう。

ワイヤーフレーム制作

ホームページのリニューアル作業はワイヤーフレームの制作からスタートします。ワイヤーフレームは、ホームページのレイアウトを定める設計図です。ワイヤーフレームの制作の際に、メインコンテンツのポジションなどを大まかに決めておきましょう。

ワイヤーフレームはなぜ重要?Webデザインで必要な理由や制作手順を紹介

デザイン制作

ワイヤーフレームが決まると、次はホームページリニューアルのデザインの制作が始まります。デザインの制作については、ワイヤーフレームをベースにWebデザイナーが提案してくれます。

ここで重要なのは、Webデザイナーが提案するデザイン案が、自社のリニューアルコンセプトに合っているかです。妥協しないことで、理想的なホームページリニューアルを完遂できるでしょう。

コーディング・システム構築

ホームページのリニューアル作業の最終工程は、コーディングとシステムの構築です。実際には、デザインをホームページにしていく作業であり、作業の一環としてシステム構築が含まれます。リニューアルできたホームページが、コンセプトから外れていないかも確認しましょう。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

リニューアルでホームページを作り直すにはツールが有効

ホームページのリニューアルにはツールが有効です。ここでは、3つのツールについて解説します。

CMS

CMSとは「コンテンツ・マネジメント・システム」の略語です。ホームページの管理や更新をWeb上で行えるのが特徴であり、Webサーバーにインストールします。ホームページのコンテンツに必要な画像やテキストの他にデザイン、レイアウトなどを一元的に保存して管理できるのが特徴です。

インターネット環境さえ整っていれば、どこでも、誰であっても更新できます。セキュリティ向上のために、アクセスできる社員は絞り込むことが大事です。代表的なCMSに、BiNDupやWordPressがあります。

デスクトップアプリ

デスクトップアプリは、パソコンにインストールして使用します。豊富なテンプレートが準備されていて、コンテンツの作成や画像、動画の編集用アプリも含まれているのが特徴です。

HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、比較的簡単にホームページをリニューアルできます。代表的なデスクトップアプリには、BiNDupやホームページビルダーなどです。BiNDupはCMSでも紹介しましたが、デスクトップアプリもあります。

コーディング・デザインツール

コーディングやデザインツールには、クラウドやデスクトップアプリ以外にもブラウザで動作するツールもあります。ホームページの制作会社やプロフェッショナルなエンジニア向けのツールであるため、ある程度の専門知識や技術力が必要です。

デスクトップアプリやクラウド上で動作するツールの代表的なものに、Adobe XDが挙げられます。ブラウザ上でのツールでは、Figmaが代表的です。

リニューアルでCMSを導入するメリット

ホームページのリニューアルには、CMSの導入がおすすめです。ここではCMSを導入するメリットを解説します。

更新が簡単

CMSは、HTMLやCSSなど専門的な知識がなくても、ホームページの管理・運用が比較的簡単にできます。ホームページのリニューアル後の管理・運用の負担を大幅に軽減できます。ホームページに関するスキルが高くない社員にも運用できるのが大きなメリットです。

複数のアカウントを作成できるため、カテゴリーで担当者を分けたり、他部署と異なるコンテンツを作成したりできます。分業体制にできるため、更新やチェックなどの作業効率があがるため、即日対応の運用が可能です。

場所を選ばず更新可能

ホームページのリニューアルの際はCMSを導入することで、場所を選ばずホームページを更新できます。インターネット環境さえあれば、誰でも更新できるため、テレワークにも適しています。

新しい働き方に対して柔軟な対応ができるため、働き方改革にも役立つツールです。ホームページの更新が滞りなく行えるのは大きなメリットになります。ホームページの更新を外注する際には、特別なアカウントを作成できるため、外注先からのアクセスも可能です。

マーケティングに活かせる

CMSには、マーケティング機能が備わっているタイプが多く、アクセス数やコンバーション率の分析などが可能です。これらの分析によるデータは、リアルタイムでマーケティングに活用できます。
反響のあるコンテンツやページを把握すれば、PDCAサイクルを回して、反響の少ないページの修正やコンテンツの追加などに役立つでしょう。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

ホームページリニューアル・更新に役立つおすすめサービス4選

ホームページのリニューアルや更新は、ユーザーをつなぎ止めるために大切な業務です。役立つサービスを4つ紹介します。

WordPress

WordPressは、世界中で利用されている有名なツールです。無料で使えて、ライセンス費用もかかりません。インストールすれば、自由に使える仕組みです。プラグインやテンプレートの追加も無料であるため、ある程度のホームページ制作知識があれば、自由に制作できるでしょう。サポートがないため、トラブルなどは自社で解決しなければなりません。
WordPress

BiNDup

BiNDupは、ホームページ制作やリニューアルから運用までを行えるサービスで、CMSとデスクトップアプリがあります。自動生成機能があり、質問に答えるだけで適切なサイトの構成を教えてくれるシステムが特徴です。

ホームページのリニューアルでは、サイト構成の最適化が難しく、ゴールも分かりやすいとはいえません。そのため、BiNDupの自動生成機能は、ホームページのリニューアルに悩んでいる経営者や担当者には心強いツールです。また、スマホユーザーの取りこぼしを防ぐために、レスポンシブ対応しているため、更新から運営まで幅広く活躍します。
BiNDupのサービスサイト

ferret One

ferret Oneは、BtoB向けのCMSです。ホームページ制作やリニューアル、運営、分析、更新ができます。CMSであるため、テキストの変更や画像の差し替えなどに専門知識は必要ありません。ホームページを見ながら編集できるようになっています。マーケティング機能もあり、複数のツールを使わないオールインワンのサービスです。
ferret One

ペライチ

ペライチは、ホームページ作成ツールですが、1ページ完成型のページを制作できることが大きな特徴です。ランディングページ(LP)向けのツールともいえます。豊富なテンプレートが用意されていて、文章や画像を埋め込んでいくだけで映えるLPを制作できます。ホームページの制作や更新の時間を、大幅に削減できるツールです。
ペライチ

リニューアルは、早めかつ効率的に行う

ホームページは、ユーザーに飽きられないように必要に応じて更新することが重要です。デザインが古くなったり、魅力がなくなったりするとユーザー離れが進んでしまうため、早めに手を打つとよいでしょう。
リニューアルする際は、CMSやデスクトップアプリ、コーディングツールなどを使いますが、中でもCMSが主流です。

ホームページのリニューアルで重要なのは、リニューアルの効果を得ることであり、KPIの目標値が達成できるホームページにすることです。BiNDupは、SEO対策から集客に効果のあるホームページを制作できます。CV獲得に有効なフォームやカートも簡単に設置できます。

最新のトレンドデザインを取り入れたテンプレートで簡単にホームページを制作できるので、ぜひお試しください。

失敗しないホームページリニューアルの大原則!改善手順とおすすめツール

BiNDupのテンプレートYADA Corporation recruit|ページ数の多い企業でもすっきりと情報をまとめられるデザインのテンプレート

ホームページ作成サービスBiNDupを無料で使ってみるBiNDの制作事例を見る

[デザイナー厳選] 覚えておきたい おすすめWebフォント30選

見た目や可読性に大きく影響するホントに使える30のWebフォントを、本文から見出し、日本語から欧文まで用途ごとにデザイナーが厳選しました。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • 現状の課題とKPIを設定してリニューアル内容を検討する
  • コンセプトに合わせてワイヤーフレームやデザイン構築をすすめる
  • サイトの更新がしやすくなるよう、CMSへの切り替えがおすすめ

RECOMMEND ARTICLE