来店を促す飲食店ホームページの作り方|掲載すべき内容とお手本サイト

飲食店の独自ホームページを持つことはお客様から信頼感を得られ、集客にもつながります。しかし、ホームページの制作経験がなければ作り方がわからず、何から始めればよいのか悩むでしょう。
本記事では飲食店を運営する担当者向けにホームページの作り方を解説しています。制作時のポイントや実際の事例も紹介していますので、あわせて役立ててください。

→低コストですぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日無料体験する

飲食店でホームページを制作するメリット

飲食店が自分のホームページを持つことは他店舗との「差別化」、お客様からの「信頼感」、新規のお客様の「集客性」といった3つのメリットがあります。以下でそれぞれのメリットについて詳しく紹介しますので、自社で制作する際にはこのメリットが得られるサイトになるよう、意識して取り組みましょう。

他店との差別化になる

ホームページで店主のこだわりなど、他店にはない特徴を伝えることで差別化を図れます。食べログのようなポータルレビューサイトの評価に左右されない情報を伝えられるため、ブランディングにもつながります。
また、お店の雰囲気がわかるため来店を検討しているお客様の背中を後押しすることになり、直接予約が取れることで顧客情報も得られます。

BiNDupのテンプレート SHIGEMOTO SAKE

BiNDupのテンプレート SHIGEMOTO SAKE|お店や品物に込めたこだわりをしっかり伝えられるレイアウト

お客様から信頼感を得られやすい

自社ホームページは店舗が直接提供している情報なので、信頼感を持つ人が多く、お客様に安心感を与えられます。ホームページは飲食店にとっての名刺であり、店舗情報を伝えるためには用意しておくことが不可欠です。

費用を抑えて集客しやすい

集客費用を抑えられる点も大きなメリットです。飲食店の予約ポータルサイトは掲載料や予約完了時に手数料が引かれますが、自店舗のホームページならその費用の削減が可能です。また、ポータルサイトの場合表示順位を自社でコントロールすることができませんが、自店舗のホームページの場合直接お客様がGoogleやYahoo!検索で見つけてくれる可能性があります。

ホームページを制作するデメリット

反対に、ホームページを制作するデメリットについても解説します。

制作・管理の手間がかかる

飲食店が外注に頼らず、一からホームページを制作する場合は時間がかかるうえ、完成した後も適宜情報を更新する必要があります。そのため、制作・管理する担当者を用意しなければなりません。

コストがかかる

ホームページの運営にはサーバー・ドメインの利用料が必要です。無料でホームページを制作するサービスもありますが、企業として制作するならセキュリティ対策・機能性が高い有料サービスの利用をおすすめします。

→低コストですぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日無料体験する

飲食店ホームページの作り方

飲食店がホームページを作る方法は、「外注」と「自作」のふたつが考えられます。

方法1:外注する

ひとつはホームページ制作に詳しい人、あるいは専門の会社に依頼する方法があります。ある程度の費用がかかりますが、高品質、高機能なホームページを希望する人や、作業負担を軽減したい人におすすめです。

方法2:自分で制作する

もうひとつは、ホームページを簡単に作れるツールを利用して、自分で制作する方法です。コストが抑えられるうえに、必要な情報をタイムリーで更新できます。自由にカスタマイズできるツールも登場しています。別項で詳しく紹介します。

BiNDupのテンプレート Leonardo Dining

BiNDupのテンプレート Leonardo Dining|ノーコードツールならWeb知識がなくても簡単にサイトを作成できる

飲食店ホームページの制作時のポイント

飲食店のホームページを作る際には、「ターゲットの明確化」「差別化」のふたつを意識しましょう。

ターゲットを明確にする

ホームページを制作する際には、ターゲット層を明確にしましょう。「どのような人に見てほしいか、あるいは来てほしいか」といった点を考えて、年齢・性別・職業・外食に対する趣向・趣味などを具体的にイメージします。

差別化を意識する

他店との差別化も重要なポイントです。コンセプト・スタッフ紹介・店舗紹介などのコンテンツを充実させ、ターゲットの来店意欲を高めましょう。掲載写真はサイズが大きく、質のよいものを活用すると来店時のイメージがしやすく効果的です。

→低コストですぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日無料体験する

飲食店ホームページに掲載すべきコンテンツ

飲食店のホームページに掲載する内容として、主に7つのコンテンツがあげられます。ここではそれぞれについて詳しく解説します。

お店のコンセプト

コンセプトは、簡潔かつ短い文章で伝えることが大切です。配置場所は、お客様がホームページにアクセスした際に最初に表示される部分、あるいは1スクロール程度が一般的です。店舗を利用する、おすすめのシーンを提案するのもひとつの方法でしょう。

写真

店舗の内観や外観・料理・調理器具などの写真は、アクセントや全体の雰囲気を伝えるとともに、他店との差別化にもなります。とくに料理は飲食店の看板ともいえるため、プロに依頼するのが望ましいでしょう。撮影はきれいに撮れる一眼レフがおすすめですが、スマホで撮影し、加工・編集する方法もあります。

メニュー

飲食店にとってメニューは来店目的であり、重要なコンテンツといえます。写真とあわせて、テキスト情報も載せ、魅力をしっかりアピールしましょう。お客様が食べている様子を掲載するのもひとつの方法です。

BiNDupのテンプレート COCOTTO

BiNDupのテンプレート COCOTTO|時間帯ごとのメニューを写真付きでわかりやすく掲載

営業日・時間

営業する曜日、時間帯などはわかりやすい位置に掲載しましょう。ラストオーダー時間の掲載もおすすめします。飲食店のホームページは、来店・利用してもらうことが大きな目的です。機会損失を防ぐためにも、営業日・時間帯は必ず掲載しましょう。

スタッフの紹介

写真や経歴などを掲載したスタッフの紹介コンテンツは、アットホームな飲食店だと印象付けられ、お客様に親しみやすさを与えられます。ただし必須ではなく、飲食店の規模やブランドイメージを考慮して検討しましょう。

スタッフ・お客様の声

スタッフの紹介や飲食店を利用したお客様の声は、いずれもお店の宣伝に繋がるためおすすめです。例えば、お店・料理をおすすめする声、店主の人柄についてなどを掲載すれば、お客様が飲食店に行く楽しみを増やせる可能性が高まります。

飲食店のニュース・サービス

ニュースやサービス情報には、「期間限定メニュー」「臨時休業」「テイクアウトの有無」などを掲載します。できるだけタイムリーな情報を意識しましょう。拡散力が高いSNSの併用もおすすめです。

予約フォーム

ホームページに予約フォームがあれば、お客様は営業時間を気にすることなく予約ができます。グルメサイトからの予約は手数料がかかりますが、自店舗のホームページなら手数料が発生しませんし、電話対応の手間がかからない点もメリットです。

→低コストですぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日無料体験する

飲食店ホームページから集客に繋げるポイント

制作したホームページから集客に繋げるためには、「専門サイト」「Googleマイビジネス」「SNS」の利用がポイントになります。

専門サイトを利用する

「食べログ」や「ぐるなび」のような飲食店の専門サイトに、ホームページアドレスを登録すると露出度が高まります。ホームページを制作しても認知されなければ意味がありません。費用はかかりますが、ホームページへの入り口として登録しておきましょう。

Googleマイビジネスを利用する

Googleマイビジネスは、店舗情報を無料で掲載できるGoogleのサービスです。Googleマップに店舗情報が表示されるうえ、Google検索時には検索結果を表示する画面の一番上に出る可能性もあるため、集客アップが期待できます。

店舗情報は自分で編集管理ができ、写真の掲載も可能です。掲載情報を充実させ、更新頻度を高めることで検索時の関連性を高められます。口コミも検索対象になるためSEO対策にも有効です。さらに口コミに返信することでユーザーと繋がるきっかけにもなります。

<レポート>Googleマイビジネスでできるウィズコロナ時代の集客と顧客育成

SNSなどを利用してURLを拡散する

Twitter、Instagram、FacebookといったSNSを利用し、ホームページを紹介しましょう。SNSは情報を拡散しやすいため、ホームページの露出度が高くなります。SNSの運用は、継続しておこなう必要があり、それぞれ利用者層が異なるため店舗にあったツールを選択しましょう。
また、チラシにはホームページにアクセスできるQRコードを掲載するのがおすすめです。

飲食店におすすめのホームページ制作ツール

飲食店ホームページの作り方を確認したところで、おすすめのツールを紹介します。

BiNDup

BiNDupはHTMLやCSSなどの知識がなくても、ホームページを制作できるツールです。テンプレートが豊富で、Instagramの活用やスマホの利用を想定したテンプレートも選べます。カスタマイズ性が高く、テンプレートをベースにして手軽に自店舗オリジナルのデザインが制作可能です。有料コースを契約した場合には専用サポートが利用できます。
BiNDup
BiNDupの機能を見る

Goope

GoopeはGMOぺパポが提供するサービスで、低コストかつシンプルな機能が特徴です。ホームページ制作に必要な最低限の機能がそろい、セキュリティ対策も備えられています。電話サポート(予約制)や無料セミナーの定期開催があるため、初心者におすすめです。
Goope

ペライチ

ペライチはスマホや、タブレット向けのホームページ制作にも対応しているツールです。豊富なテンプレートを活用して、簡単な操作でホームページを作れます。ビジネスプランなら予約管理システムの利用が可能です。
ペライチ

→低コストですぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日無料体験する

飲食店ホームページの事例を紹介

ここからは実際に運営されている飲食店のホームページを例にしながら、特徴や魅力を紹介します。

100本のスプーン

100本のスプーンは、人気スープ専門店「Soup Stock Tokyo」などを運営する、株式会社スマイルズによる飲食事業のひとつです。動画で店内の様子、お客様の表情、料理などを紹介しており、動画をクリックすると各店舗のページにアクセスできます。
100本のスプーン

ミツバチ食堂

ミツバチ食堂は、岐阜県の柳ヶ瀬エリアに店舗を構える名店です。トップページはお知らせと店舗情報のみのシンプルな設計ですが、温かみのあるデザインになっています。更新率が高く、農家さんの紹介ページに野菜へのこだわりが感じられます。
ミツバチ食堂

SMOKEMAN

SMOKEMANは、栃木県宇都宮市にある燻製料理・お酒がメインのレストランです。トップページは大きな料理写真が目を引き、その下にコンセプトが書かれています。従業員の手元も写真に写すことで、ぬくもりを感じられます。
来店を促す飲食店ホームページの作り方|掲載すべき内容とお手本サイト

サイトの制作、運用を内製化することでタイムリーな更新も手軽に

飲食店ホームページの作り方は、大きく外注と自作のふたつにわかれ、費用や制作時間が異なります。いずれにしてもターゲットの明確化、他店との差別化、掲載すべきコンテンツが重要なポイントです。

おすすめのツールでも紹介したBiNDupは、国産CMSのホームページ制作ツールです。カスタマイズ性が高く、オリジナルドメインによる運用も可能です。自分でカスタムすることで他店と差別でき、また情報の更新も手軽に行うことができるため、お客様とのコミュニケーションにも使えるホームページが作れます。

また、簡単な予約フォームの構築もできるため、自分たちの運用しやすいホームページ作りができます。ホームページ作りを検討している方はまずは登録してみてはいかがでしょうか。

BiNDupのテンプレート Bell. Cafe

BiNDupのテンプレート Bell. Cafe|飲食店向けのテンプレートが多数揃い、トレンド感のあるおしゃれなサイトがすぐに開設できる

無料でBiNDupを使ってみるBiNDの制作事例を見る

[Webデザイナー厳選] 覚えておきたい おすすめWebフォント30選

見た目や可読性に大きく影響するフォント選びは大事なポイント。Webデザイナーがホントに使える30のWebフォントを、本文から見出し、日本語から欧文まで用途ごとに厳選しました。

※紹介の一部は、BiNDupで提供のWebフォントに含まれていません。その場合、利用には個別の設定が必要です。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • ホームページを持つメリットは口コミに左右されない情報発信と顧客情報の取得
  • GoogleマイビジネスやSNSなどのWebサービスと連動することで集客に繋がる
  • ノーコードCMSを利用すると運用コストも低く、タイムリーな情報発信ができる

RECOMMEND ARTICLE