サイト解析が楽しくなる!BiNDupのマーケティング機能をいち早く紹介

こんにちは!UI・UXデザイナーのオモトです。
サイトを運用している方なら、代表的なアクセス解析サービス「Google Analytics」や「Google Search Console」を利用されている方も多いと思います。ただ、これらは様々な観点からサイトの分析を行えるため、どこから見たらよいかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

このアナリティクスの提供するデータはサイトの改善に大変に役立つものですが、その効果を得るためにはポイントを掴んでデータを読み解いていく力や見極めが大切になっていきます。

今回、ホームページ作成サービス「BiNDup」に搭載されるマーケティング機能「Smooth Marketing(名称はまだ仮です)」SmoothGrow」(に決定!)では、このGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleのどこを見たらいいかわからないを解決
サイトの目的に合わせて、改善に必要なデータのみをピックアップ。専門的な勉強をすることなく簡単にサイトの分析ができちゃいます!

現在開発中ではありますが、まずはマーケティング機能でいったい何ができるのか3つに分けてポイントを紹介していきます。

サイトを解析する

サイトを解析
ここでは、サイトに起きた大きな変化や、基本的なアクセス解析でサイトの状態を知ることができます。あちこちGoogle AnalyiticsやGoogle Search Consoleのページを移動してデータを見て回る必要がなく、Webマーケティングする際によく使われるデータだけをわかりやすく簡潔にまとめています。これらをみれば、サイト全体でどれくらい流入があったのかを知ることができます。
サイトを解析
また、サイト運用にとってもっとも大事な指標である目標達成数を分かりやすくしたところがポイント
関連するインプレッション数やクリック数、CV数から流入に対して、どれぐらいのCTRがあるのか、どれぐらいコスパが良いかが一目瞭然。
サイト改善の一つのヒントになるでしょう。
サイト解析について詳しくみる

ユーザーを解析する

ユーザーの解析
これはイチオシの機能です!サイト管理者のどんな人が来ているんだろう…という気持ちに寄り添い、サイトに来ている代表的なユーザーの特徴を具体的なペルソナ像にまとめています。ペルソナとは代表的な顧客の人物像のこと。
そのため人物像をキャラクター化して、どんなお客さんかをイメージしやすくしてます!自由に名前をつけられるようにしたので、自分の来てほしいユーザー像に近づくようにユーザーを育てていきましょう。
ユーザー解析について詳しくみる

分布グラフ
また、性別などの属性だけでなく、ライフスタイルへの関心事・お金や労力を使う関心事ランキングで、よりユーザーが「どんなものに購買意欲があるか」ということを深く知ることができます。
これで見えないお客さんの存在をはっきりとイメージできるようになるので、その人に向けてコンテンツやサイトを修正していけば、サイトもきっと大きく成長できるはず!

運用課題を深堀り

運用課題を深堀り
サイトの中でもっともコンバージョン(最終的な成果指標のこと。以下、CV)に貢献している流入経路を知ることができます。サイトのデータを解析する際、初心者はどこをみたらいいのかわかりませんよね。この勝ちパターンさえ見れば、どのページがサイトの流入に貢献しているか一目瞭然です。

CVに一番つながった、最初の入り口のキーワードと目的ページまでに辿った経路を知ることができます。経路の良かったところを分析していく中で、なにがお客さんに響いたのか知ることができるでしょう。
課題の深堀りについて詳しくみる

いかがでしたでしょうか。
この新しいマーケティング機能が、解析がちょっと苦手でどんな改善したらいいかわからない、と言うようなユーザーさんのお役に立てたら幸いです。ちなみにGoogle Analytics、Google Seach Consoleとの連携が必須なので今からデータを貯めて準備しておきましょう

夏にかけてリリースできるよう、絶賛開発中です!より進化するBiNDupを、どうぞお楽しみに!

無料でBiNDupを使ってみる
▽サイト解析を詳しくご紹介

見たいデータが丸わかり!BiNDupのマーケティング機能〜サイト解析編


※SmoothGrowはWebサービスです。利用にはBiNDupの契約が必要です