売れるキャッチコピーの作り方|説得力を付けて差別化するコツ

キャッチコピーは、商品やサービスの売上に大きく影響する要素のひとつです。売れるキャッチコピーを作るためには、キャッチコピーの作り方のコツをしっかりと理解することが大切です。この記事では、惹きつけられるキャッチコピーを作るためのポイントやコツを紹介するため、ぜひ参考にしてください。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは、商品やサービスの宣伝に使われる文章のことです。ターゲットの興味関心を引くための言葉を指し、商品やサービスのことをターゲットに知ってもらうことで購買意欲を高める役割があります。

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーは売上に大きく影響する要素です。

商品やサービスを購入してもらうには、商品などをターゲットに認知して関心を持ってもらう必要があります。商品の認知や関心を引くという点で、キャッチコピーが大きな役割を果たすため、マーケティングにおいて非常に重要です。

実際に、キャッチコピーを変えただけで、成約率が大幅に向上したという事例もあるため、ターゲットに興味を持ってもらえるようなキャッチコピーを作ることが大切です。売れるキャッチコピーの作り方やポイントを確認したうえで、商品やサービスに合ったキャッチコピーを作成しましょう。

TSUKIUMI Dental clinic

BiNDupのテンプレート TSUKIUMI Dental clinic|審美歯科を想定し、キャッチコピーを印象的に掲載できるデザイン

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

キャッチコピーの最重要ポイントとは

キャッチコピーには押さえておきたい最重要ポイントが3つあります。ここでは、各ポイントについて解説します。

簡潔な文章である

キャッチコピーは短く分かりやすい文章にしましょう。商品やサービスをアピールしようとして、長い文章になってしまうケースも少なくありません。しかし、長いキャッチコピーは印象に残りにくくなりがちで、長くなればなるほど読まれなくなる可能性もあります。そのため、無駄な言葉はカットして、できるだけ簡潔にまとめます。

基本的には、20文字前後を意識してキャッチコピーを作るとよいでしょう。長くても40文字までにまとめます。

誰でも理解できる

キャッチコピーはシンプルで誰でも理解できるものにしましょう。難しい言葉や専門的な内容だとターゲットに伝わらず、興味・関心を持ってもらいにくくなってしまいます。

キャッチコピーを作る際には、ターゲットが一目で理解できることが重要です。また、商品やサービス自体が魅力的であったとしても、購入やサービス開始までに手間がかかってしまうと、ターゲットを惹きつけにくくなります。簡単に始められることや購入できることを伝えるようにしましょう。

ターゲットにささる内容である

キャッチコピーを作る際には、ターゲットが抱えている悩みや問題を解決するノウハウを伝えると印象に残りやすくなり、ささりやすいです。この際、商品やサービスの魅力や購入するメリットなどを伝えるだけでなく、不安や恐怖を煽る表現を使うこともひとつの方法です。

「商品やサービスを手にしなかったことで、損をするかもしれない」というイメージをターゲットに与えます。たとえば、「あなたは大丈夫?」というように疑問形にして、不安感を煽ります。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

キャッチコピーの基本の作り方を解説

キャッチコピーを作る際には基本を理解しておくことも重要です。ここでは、キャッチコピーの基本的な作り方を解説します。

ターゲットを明確にする

まずはターゲットを明確にしましょう。ターゲットによってささりやすい内容や関心を持ってもらえることは異なります。そのため、自社の商品やサービスの魅力を、どのような人に伝えたいのかを明確に決めることが大切です。

ターゲットを決める際にはペルソナを設定しましょう。ペルソナとは、ターゲットとなる架空の人物像のことです。年齢や性別、家族構成や職業、趣味嗜好など細かく設定することで、ターゲットの生活が具体的にイメージできます。

ターゲットに伝えたいことを明確にする

ターゲットを決めたら、ターゲットに何を伝えたいのかを明確にしましょう。キャッチコピーでは、商品やサービスの一番アピールしたい部分・文言を入れることがポイントです。伝えたいメッセージが明確になっていないと、商品の魅力は伝わりません。

また、同商品であってもターゲットによって響く内容は異なります。そのため、ターゲットにどのようなイメージを持ってもらいたいかを検討しましょう。また、ペルソナの悩みをリストアップすることも効果的です。どのような悩みがあり、何を求めているのか具体的にイメージしましょう。

商品・サービスの強みを抽出する

商品やサービスの強みや魅力をリストアップしましょう。この際、できるだけ多くの強みをリストアップすることが重要です。たとえば、商品の価格や機能、成分など競合他社と比較してみることで、自社商品やサービスの強みが見つけやすくなります。

ターゲット層によって、興味関心は異なり、強みとなる部分も違ってきます。そのため、できるだけ多くの強みを抽出し、ターゲットに訴求できる強みを探すことが重要です。また、視点を変えれば弱みが強みになるケースもあるため、商品のメリットだけでなくデメリットも洗い出してみるとよいでしょう。

抽出した強みをキャッチコピー化する

ターゲットの悩みや問題と商品やサービスの強みをかけあわせて、キャッチコピーを考えましょう。ターゲットに伝えたい部分やターゲットの悩み、商品の強みなどを多く書き出しておくことで、スムーズにキャッチコピーを作れます。

また、キャッチコピーを作る際には、売れるキャッチコピーを作成するコツを参考にするとよいでしょう。以下の項目では、売れるキャッチコピーのコツを紹介するため、キャッチコピー作成に役立ててください。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

売れるキャッチコピーを作るコツ

売れるキャッチコピーを作るコツは大きく分けて7つあります。ここでは、キャッチコピー作りのコツを詳しく紹介します。

数字を使って具体化する

キャッチコピーを作る際には、数字を使いましょう。明確な数字を使って具体化することで、ターゲットが商品やサービスの魅力や効果などをイメージしやすくなります。あいまいな情報よりも数字を使った具体的な情報の方がインパクトもあり、ターゲットに根拠を提示できます。

たとえば、「お客様満足度98%」や「累計契約者数100万人以上」というように、実績などを具体的な数字で伝えるとよいでしょう。
無印良品
無印良品

商品・サービスのベネフィットを考える

商品やサービスを購入したり、契約したりすることでターゲットにどのようなベネフィットがあるのかを考えましょう。商品やサービスの説明を詳しく書いても、ターゲット
の印象には残りにくくインパクトも与えられません。そのため、商品を使うことでどのような利益が得られるのかを考えて、キャッチコピーに盛り込むようにします。

ターゲットに、「この商品やサービスなら悩みが解決できる」と思わせたり、「このような効果があるなら使ってみたい」と思わせたりできるキャッチコピーを作りましょう。
BOTANIST
BOTANIST

権威性を持たせる

キャッチコピーを作成する際には、権威性を持たせることもポイントです。広告などで、「あの有名美容家〇〇も推奨」「管理栄養士が厳選」というようなキャッチコピーを見たことがある人も多いでしょう。このように、著名な専門家や有名人などが愛用している、推奨しているものはターゲットにささりやすいです。

ただし、商品によっては薬機法が関わるケースもあるため注意しましょう。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

疑問文にする

ターゲットに問いかけるようなキャッチコピーも効果的です。人は、問いかけられると答えが気になってしまい、その内容が印象に残りやすい心理があります。そのため、疑問文にすることでターゲットの関心を引きやすくなります。

たとえば、「韓国好きの大人女性に人気急上昇中のブランドを知っていますか?」などのように、答えを知りたいと思わせるようなキャッチコピーを作成しましょう。
三菱自動車 エクリプス クロスPHEV
三菱自動車 エクリプス クロスPHEV

当たり前を覆す

常識を覆すような文言をキャッチコピーに入れる方法もおすすめです。常識とされているようなことをアピールしたとしても、ターゲットはなかなか興味を持ってくれません。当たり前を覆すような内容をキャッチコピーに入れることにより、ターゲットが興味を持ちやすく、魅力的だと感じてもらいやすくなります。

ターゲットが抱いている先入観などを否定することで、「では何が正しいのか、どうすればよいのか」とキャッチコピーの先にある答えを知りたくなる効果があります。また、逆説を使うこともおすすめです。

お客様の声を活かす

利用者からの口コミをキャッチコピーの内容に活かすのもよい方法です。実際に商品を購入したお客様にアンケートを実施するなどして、その内容をキャッチコピーに盛り込みましょう。

アンケートでは、商品を購入する前の悩みや問題、どのような決め手で購入に至ったのか、実際に使用した感想などを収集しましょう。利用者の声を活かすことで、ターゲット層に響きやすいキャッチコピーが作れます。

評判が上がる“お客様の声”とは?載せてはいけない3つのNG例

売れないキャッチコピーの特徴を知っておく

売れないキャッチコピーの特徴を把握しておくことも重要です。売れないキャッチコピーの特徴は3つあります。

はじめに「誰に向けたキャッチコピーなのか分からない」ことです。ターゲットの範囲を広くすると誰に向けたものか分からなくなり、興味を引きにくくなります。

続いて「内容がよく分からない」ことです。アピールポイントを詰め込みすぎると、内容が分かりにくくなり、商品の強みが伝わりません。

最後に「独自性がない」ことです。どこにでもあるようなキャッチコピーでは商品やサービスの独自性がイメージしにくく、印象に残りにくくなります。

→テンプレートからすぐにサイトが作れる「BiNDup」を30日間無料体験する

キャッチコピーをアピールできるWebサイトがすぐに作れるツール

キャッチコピーは売上に大きく影響する要素のひとつであるため、キャッチコピー作りの基本やコツをしっかり押さえることが重要です。また、キャッチコピーを広く伝えるためには、自社のWebサイトが必須です。

BiNDupは国産のノーコードCMSです。Webやデザインの知識不要でWebサイトを作成できます。さまざまなテンプレートがあり、フォームやカートの設置も簡単にできるなど、Webサイトの作成に慣れていなくても使いやすくなっています。専用サポートも受けられるなど、サポートも充実しています。Webサイトの作成をお考えなら、ぜひご登録ください。

売れるキャッチコピーの作り方|説得力を付けて差別化するコツ

BiNDupのテンプレートYADA Corporation recruit|ファーストビューのキャッチコピーが目立つデザインのテンプレート

ホームページ作成サービスBiNDupを無料で使ってみるBiNDの制作事例を見る

[読めばわかる、Googleサーチコンソール] 検索キーワードの調べ方と伸ばすコツ

流入キーワードを知るための基本と、伸ばすために必要な6つの改善施策を紹介。サーチコンソールですべきことがわかる徹底ガイド。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • キャッチコピーは20文字前後を意識し、長くても40文字に収める
  • ターゲットを明確にして商品やサービスの強みを抽出する
  • 数字や利用者の声を利用することで根拠のある内容になる

RECOMMEND ARTICLE