Instagramをビジネスで活用するには?お手本とはじめ方

多くの企業がTwitter、Facebookなどによる、SNSを積極的に活用しています。写真や動画を扱えるSNSは多数ありますが、なかでも「Instagram(インスタグラム)」は、主力のSNSと合わせて上手に使いたいサービスです。

gu公式Instagramアカウントより。http://instagram.com/gu_global


 Instagramとは?

Instagramは、写真に特化したSNSとして人気のサービスです。Facebookがコミュニティ形成、Twitterがリアルタイムのコミュニケーションに向いているSNSなのに比べ、Instagramは写真だけのSNSですが、アパレルブランドや飲食店など、ヴィジュアルを重視したいときのブランディングに向いています。

フィルター機能でオシャレ写真に

最大の特徴は、写真を一瞬でオシャレにすることができること。複数のフィルターを使って、クールな感じ、レトロな感じなど、写真の内容に合わせて、雰囲気のいい写真を簡単にアップロードすることができます。

動画もフィルター加工できる

また、サービス開始時は写真のみでしたが、動画にも対応し、写真同様にフィルター加工することができるようになりました。動画を撮影後、フィルターはプレビュー再生しながらリアルタイムで反映結果をみながら選択できます。

 

Instagramフィルター加工の例


 企業の活用事例

Instagramを活用している企業は、ファッション、旅行、ブライダル、スポーツ、小売、飲食などさまざまです。

ユーザー参加型のキャンペーン

多くの企業で使われているのが、ハッシュタグなどを使い、ユーザーから写真の投稿を募集するキャンペーン。テーマに沿った写真が一覧表示され、商品やサービスの魅力を伝えることができます。

投稿された写真はInstagramだけでなく、TwitterやFacebookとの連携機能を使っているユーザーも多いので、広く拡散されます。投稿を促進させるため、プレゼント企画を行うことも有効です。

コンテンツの一部に

たとえば、シューズメーカーの「ニューバランス」は、Instagramでスニーカー写真をハッシュタグ「#nbsneakerandme」を使って募集していました。投稿された写真は特設サイトにも一覧表示されています。

New Balance特設サイトより(http://sneakerandme.jp/)


自社サイト上にフォトアルバムとして表示

企業でInstagramを使う場合、キャンペーンで写真を募集するだけが使い道ではありません。自社のWebサイト上に載せたい商品やサービスの魅力を、あえて言葉で語らずに、ヴィジュアルだけでイメージ戦略を行う場合にも最適です。スマホで撮影した写真をすぐにフィルター加工できるので、気軽に更新もできそうです。

写真は1枚ずつ表示させることもできますが、より効果的に多くの写真を見せたい場合はアルバム表示が便利です。

アルバム表示の方法

Webサイトの作成サービスではInstagramとの連携機能が提供されている場合があります。アカウントさえ持っていれば、すぐに投稿した写真をWebサイトに表示することができます。

たとえば、BiNDクラウドでは、表示スタイルの選択、1枚あたりのサムネイルサイズ、3枚✕5枚などのレイアウト、画像間隔などを細かく設定することができます。

→BiNDクラウドでの「Instagram」ウィジェット設定方法

Instagram-sample

Instagramの連携サンプルサイトを見る