コンテンツマーケティングに強い、成功するCMSの特長

Webプロモーションの主流は、自社のホームページに価値あるコンテンツを掲載・発信することで、サイトへ見込み客を引き寄せ、納得して購入や申込をしてもらうというコンテンツマーケティングに注目が集まっています。価値ある情報は継続的な集客を作り、広告や営業に頼ることなく成果を期待できるからです。

BiNDupは、コンテンツマーケティングに適した、拡散力に優れたCMSを搭載し、さらにサイトの信頼性やCVRをアップさせるための機能を備えたホームページ作成ツールです。ライバルと差別化できるホームぺージを作り、コンテンツマーケティングを成功できる理由を紐解いていきます。

コンテンツの拡充と集客力を高める本格CMS

価値あるコンテンツとは、そのサイトにしか載っていない情報や検索で何かを探している人の答えになる情報のこと。
CMS機能「BiND Press」は、どんどんコンテンツを増やしても問題ないように、構造を見直し高速化することで、ページ数が増えてもストレスなく操作できるツールに進化しました。カテゴリやタグ機能が充実し、関連記事を表示させてサイト内の回遊率を高めることもできます。

記事中にYouTube動画やInstagramの投稿を表示可能で、コンテンツ制作をサポート。
SNSでのシェアを左右するOpenGraphが自動設定されるなど、拡散のしやすさも配慮した設計です。

なお、内回遊率や効率を考えると外部のブログサイトを利用するより、ひとつのツールで管理できるほうがおすすめ。
BiNDupは、将来的にはアプリケーションそのものを持っていなくても更新できる、投稿専用のアカウントの発行を予定。
PC操作に不慣れな人も、タブレットやスマホから気軽に記事を更新できるほか、
記事の更新メンバーが複数人いることが多いオウンドメディアの運営などに最適です。

※BiND Pressの複数人での更新管理機能は、今後ビジネスコースで対応予定です。

コンバージョンに繋げる導線を作る

最近ページ内にポップアップ表示され、スクロールしても付いてくるバナーやボタンを見かけることが多くなりました。つい目が行くので、サイトのコンバージョンとなる申込みや購入の設置に最適です。

BiNDupはこのポップアップ表示をページの合計6ヶ所に設置可能。デザインの自由度も高いので、目立たせたい情報を思う存分アピールできる、成果アップのための必勝ツールです。

クーポンでの販促やお問合せフォームへの誘導など、さまざまな用途のウィジェットをサイト合わせて自由にデザインして設置できます。スクロールして表示・固定表示などさまざまな表示方法が選べ、ページ内に複数設置もOKです。

サイトへの信頼性を作る、独自ドメインと常時SSL対応

独自ドメインの直接取得に対応

ビジネスでサイトを運用するなら、プロバイダーや制作ツールの入ったドメインはなるべく避けたいもの。ところがドメインの取得や設定は複雑であることも多く、初心者はとまどいがち。
そこで、BiNDupではサイト公開用のURLを決める流れで、独自ドメインの取得もできる機能を搭載。

.jp/.com/.netなど「お名前.com」で扱うドメインを直接取得できます。一部最初の1年間は無料で提供するドメインも!
※デジタルステージはお名前.comのリセールパートナーです。

常時SSLの自動化と表示高速化機能AMPに対応

サイトの検索順位は、集客に大きく左右するので、常にチェックして、Googleが推奨するSEO対策に対応しておくと安心です。
BiNDupは、ドメインを設定するだけの自動常時SSL化と、モバイルでの表示を高速化するAMPに対応。


複雑なページ全体の常時SSLを自動化します。AMPは公開サーバーに関わらず、スマホ表示の際に、通常よりも4倍高速に表示できます。

※常時SSLの自動化はBiND専用サーバーを利用する場合に限ります。

コンテンツマーケティングの成功はコンテンツを作ることだけでなく、サイト内での導線の獲得や公開や運用をサポートする機能が欠かせません。ぜひBiNDupで、売上アップに繋がるサイトの確立に挑戦してみてください。

BiNDupについてもっと詳しく