改めて確認!ページネーションの役割と設定方法

ページネーションとは、日本語で「ページ送り」や「ページ割り」などともいい、複数のページを各ページへのリンクで繋ぐ、ナビゲーションのことです。
主にコンテンツの多くなったページを分割した際や、ブログの記事同士を繋ぐのに利用されることが多いです。
ここでは、ホームページ作成サービス「BiNDup」での設定方法とともに、ブログ機能「BiND Press」での使い方も合わせて解説します。

ページネーションの役割

ページネーションを設置するメリットとして、閲覧者がグローバルナビゲーションだけではアクセスしづらいページへ誘導しやすくなることや、きちんと設定することで検索エンジンにもページの関係性が正しく認識されることなどもあるようです。

ページネーションの例

ページネーションの例

BiNDupでの設置方法

BiNDupでのページネーションの設置方法は簡単です。
ブロックテンプレートから「ナビゲーション」項目の一番下の方に、ページネーション①〜③がありますので基本的にはそちらを設置するだけです。

ブロックテンプレート設定画面

ブロックテンプレートからページネーションを設定

ページネーション③

こちらは同一コーナー上のページの数だけナビゲーションが自動生成されます。

トップページに設定した場合の見え方

トップページに設定した場合の見え方(同一階層のページは3つ)

別コーナー上のページに設定した場合

別コーナー上のページに設定した場合(コーナー内のページは2つ)

ページネーション②

こちらも設置するだけです。
すでに「前のページ」「次のページ」へのリンク設定がされているので、ページがあれば自動的にナビゲーションが作成されます。※

ブロックエディタ画面

ページネーション②を設定

※ページネーション③同様、同一コーナー内のページで生成

BiND Pressでの設置方法

BiND Pressの記事同士のページネーションとして使う場合には、リンク設定の調整が必要になります。
「template.detail」で上記同様「ページネーション②」を用意したあとに、下記のように[%link_next%]といったリンク設定をしてください。

  • 前のページ: [%link_prev%]
  • 次のページ: [%link_next%]
ページネーションのリンク設定を変更

ページネーションのリンク設定を変更


以上がページネーションの設定になります。
設定は簡単ですので、これを期に利用してみてください。

無料でBiNDupを使ってみるBiNDの制作事例を見る