入場制限のあるイベントや相談会にも使える!予約サービスの活用例

BiNDupの予約サービス「SmoothBooking」では、初期設定時に主な業種から選択して予約ページを作成することができますが、もちろんここに表示されるサービスでも使用できます。今回はサービスの形態に合わせた利用方法や活用例を紹介します。

予約タイプ選択画面

業種または予約タイプから選択できる

サービスに合わせた予約タイプを選ぶには

SmoothBookingには6つの予約タイプがあり、サービスの形態に合わせた予約タイプを選択する必要があります。

予約タイプの違い

6つの予約タイプを大きく分類すると、定員を設けるタイプと、リソースに割り振るタイプがあります。

定員で予約

定員を設ける場合は、メニューごとに利用人数の上限を設定します。予約人数がその上限に達したら満了となります。
定員のあるサービス

リソースで予約:スタッフの場合

受け付けた予約をスタッフに割り振ったり、設備に対して予約を受け付けるようなサービスでは、リソースを設定する予約タイプを使用します。

例えば、美容院やサロンのようなサービスでは予約を担当するスタッフが必要になります。
この場合、スタッフをリソースとして登録します。そして、リソースとは別にメニューを登録し、メニューごとに対応できるスタッフを紐付けていきます。
お客様はメニューとリソース(スタッフ)を選択して予約することになります。
スタッフがリソースの例

リソースで予約:施設や設備の場合

レンタルサービスのように、施設や設備ごとに予約を受け付ける場合は、対象となる施設や設備をリソースとして登録します。そして、リソースとは別にメニューを登録し、メニューごとに利用可能な施設や設備を紐付けていきます。
お客様はメニューとリソース(施設や設備)を選択して予約することになります。
施設や設備がリソースの例
また、予約日時をどう指定するかで使用する予約タイプが決まります。
日付だけで予約するのか、開始時間を指定してもらうのか、終了時間も指定してもらう必要があるか。それらの必要性に合わせて予約タイプを選択します。

予約タイプ比較表

時間予約
[時間割タイプ]
時間予約
[開始時間指定タイプ]
時間予約
[範囲指定タイプ]
日付予約
[割当タイプ]
日付予約
[定員タイプ]
宿泊タイプ
概要 メニューごとに時間割と定員を設定 メニューにリソースを割り当てて、所要時間などを設定 メニューにリソースを割り当てて、利用可能な時間を設定 メニューにリソースを割り当てて、日単位の料金などを設定 メニューごとに定員を設定 メニューにリソースを割り当てて、利用可能な人数などを設定
予約対象 定員 リソース リソース リソース 定員 リソース
予約日時 日付と時間を選択 日付と利用開始時間を選択
終了時間は自動計算
日付と利用開始時間、終了時間を選択 利用開始日と終了日を選択 日付のみ選択 泊数と利用開始日を選択

サービスの形態に合った予約タイプをチャートで見つける

自身のサービス形態に、どんな予約タイプが合っているのか、ざっくり見分けたい時はこちらのフローを参照してください。

予約タイプのチャート

あくまでも大まかな目安です

これらを踏まえて、実際の活用例を紹介します。

展示会など:入場制限が必要なイベントの日時予約

展示会や見学会のようなイベントを開催する際、コロナ感染拡大防止の観点から入場制限が必要になるケースがあります。こういったケースでの活用方法です。

予約の構造としては、一定時間で区切って定員を設け、時間帯ごとに予約を受け付ける感じになります。
時間ごとに定員がある
このケースではメニューごとに定員を設定できる「時間予約[時間割タイプ]」を使用します。

管理画面で日時指定用のメニューを作成し、定員やスケジュールを設定します。スケジュールは受付時間に合わせて区切っていきます。また、料金の案内が必要なければ「料金を表示しない」を指定できます。
以上の設定を行うと、実際の予約ページではカレンダーで日付を選択し、次に時間を選択して予約できるようになります。
これで日時指定のための予約ページの完成です。
日時予約のサンプル

相談会など:訪問時間を予約してもらう

相談会などのように訪問時間の予約を受け付けたい時の事例です。
このケースでは予約時に開始時間を指定できる「時間予約[開始時間指定タイプ]」を使用します。

まずは予約に対応するリソースを登録します。
今回の例では受付窓口が2つあると想定して設定してみます。この窓口をリソースとして登録します。
窓口によって、場所が違ったり、対応できる内容が異なったりする場合は別々のリソースとして登録します。どちらの窓口にも違いがなければ1種類のリソースを数量2つで登録する方法もあります。
リソースを設定
次にメニューを登録します。例えば申込時に相談内容を選択してもらう場合、「見積に関する相談」「申込に関する相談」のようなメニューを作成します。
メニュー設定画面にはリソースを割り振る項目があります。ここに先ほど登録した窓口が表示されるので、このメニューの内容が対応可能な窓口を選択します。
メニューを設定
「申込に関する相談」には2つの窓口を紐付けたので、顧客が予約時にどちらかを選択できるようになります。「見積に関する相談」には1つの窓口しか紐付けていないので、顧客はこの窓口を選択することになります。
このようにメニューごとに対応するリソースを切り分けることができます。
予約ページの例
BiNDupの予約サービス、SmoothBookingはできるだけ幅広いサービスで活用できるよう、シンプルで汎用的な構成になっていることが特徴です。今回あげた事例以外でも利用できると思います。
SmoothBookingについて詳しく見る

BiNDup GuideBook

Web作成サービス「BiNDup」の最新ガイドブック。サイトを外注せず自作する方のために制作から集客までできることをまとめました。

新規登録をして資料をダウンロード
  • POINT

  • 2つに分類すると定員を設けるタイプとリソースに割り振るタイプがある
  • 1つのメニューに対してバリエーションがある商材は[リソース]を使う
  • 予約に対して数の上限を設けることができる

RECOMMEND ARTICLE