サイトのリピーターを増やすためのコンテンツマーケティング

リピーターになってもらうためには、「自社ブランド」への理解を深めてもらうことが重要です。
消費者に選ばれるためのブランドとはどのように作り上げるのかを理解し、リピーターを増やすためのコンテンツマーケティングに活かしましょう。

サイト構築のためのブランディング

①今までより重要視されるブランディング

他社にはない「個性」に惹かれた消費者がコアなファンとなり、「〇〇の商品だから好き」「〇〇ならば信頼できる」と無条件で自社の商品を受け入れてくれる仕組みを作ることが「ブランドづくり」となります。
消費者心理として、同じカテゴリーの商品が複数ある場合「質が良いよく知らない会社」よりも、質が良いかはわからなくても「自身がよく知っているブランドの商品」を選ぶ、というものがあります。

このように、消費者にとって「ブランド」は商品購入に関する大きな影響力を持ちます。
また、ブランドづくりには時間が必要で、ブランディングの下準備として商品の認知、品質への高評価の獲得は必須です。

消費者に自社の個性を認識させるには、「自社の個性をブレさせない」ことが重要で、社内全体で「この企業の一番の個性は何であるか」を一致させて動く必要があります。

ブランドづくりを行うことで企業が得られるメリットは、「商品が売れる・支持される仕組み」が自動的にできるというものです。

②強いブランド

「知名度が高い」と「ブランド力がある」はイコールではありません。

ブランド力の高い企業は「価格や機能では伝えられない魅力」を持ち“消費者の感覚”に訴えかけています。そうすることにより、記憶により強く残り「選択されるブランド」へと変化していきます。ターゲットとすべき消費者は、「商品の価格より“価値”に重きを置く人」です。
強いブランドを作り上げるためのポイントは、企業が発信したい商品のポイントを「消費者にきちんと伝える」ということです。自分たちが選び出した1番の特徴を「ブランドの軸」にして、ブレないように注意しながらプロモーションを行い消費者に伝えることが大切です。

リピーターを増やすためのサイト構築

サイトを構築する際に重要なのは、いかにユーザーの役に立つか。
『自分だったら』や『何となくこっちの方がいいんじゃないかな』を一切なくし、自分の思考を入れないように『ユーザーにとってどうか』を最優先にして考えましょう。

この記事はBiND CAMP PASSメンバー専用記事です。続きを読むには対象商品を購入する必要があります。