サイト回遊率アップのカギは適度な「アピール」にあり!

検索でせっかくページに辿り着いてもらえても、サイトの導線が悪いとすぐに離脱の対象に…。
せっかく作成したページをもっとたくさんの人に読んでもらうには、
導線の確保と、目立つけれども鬱陶しくないちょうどいいかげんの「押し」が大切です。

例えば、記事の最後にふわっと現れるオススメの記事。スクロールでずっと付いてくるフォローボタンなどがあれば、読ませたい記事への誘導や、SNSのフォロワー獲得にひと役買います。

BiND Pressがオウンドメディアでの回遊率アップに最適

ただしこのような機能は、ポータルサイトが運営する無料ブログでは設置できないことが多く、
WordPressなどの本格CMSでは搭載できても、スクリプトを書くなどの煩雑な作業が発生するので、搭載のハードルが高い領域
でもBiNDupのブログ機能「BiND Press」なら、新機能のウィジェットを使ってカンタンに搭載可能です。
自分で設定できるから、搭載する/しないのタイミングも自由にコントロールでき、結果が伴わなければ位置を移動するなどの対策も自分自身で即対応できます。

今回はビルボードのないTOPとグリットデザインが特長のオウンドメディアに最適な追加テンプレートの「Alice Flower Harajuku」を元に、BiNDupの新機能「ウィジェット」を駆使した、コンバージョンコントロールの方法をお伝えします。

続けて読んでもらいたい記事をポップアップで表示

スクールの案内やキャンペーン情報など最も読んでもらいたい記事は、ブログの詳細ページを読み進めるとポップアップ表示されるようにして、各記事からのアクセスを集めましょう。

スクロール後に表示されるウィジェットを使って読ませたい記事をアピールします。ウィジェットの表示は、ヘッダーの下に吸着/フッターの上に吸着などの動きも細かく設定できます。

SNSへの登録を追従で常に促す

ビジネスでSNSをしているならサイトでも積極的にアピールして、SNSのフォロワーを増やしましょう。フラワー教室や美容、ファッションなどビジュアルで魅力を伝えることができるジャンルなら、Instagramへの登録を大きくプッシュ。

記事内で追従するように設定しておけば、目立つのでクリック率もアップ。ウィジェットは、PCとスマホでそれぞれ表示/非表示が選べるので、設置してみてスマホでうるさく感じるようなら非表示も可能です。

人気のタグをバナーの形で、さりげなくプッシュ

よく閲覧されるタグやカテゴリーは、すぐに見つけてもらえるようにバナーの形で、サイトTOPに配置するのもオススメです。

あらかじめ、店舗情報/教室案内/体験レッスンなどのカテゴリーやタグで分類しておけば、バナーを通常通り作成して、ウィジェットとして設置してリンク先にタグのページを入れるだけで、まとめページへの導線の出来上がり!

BiNDupのブログ機能「BiND Press」を使ってブログやオウンドメディアを作成して同じドメイン配下で展開すれば、記事は多いほどドメインの強化に繋がり、予算をかけずに検索してほしいキーワードでの自然流入も見込めます。

ぜひ、BiNDPressとウィジェットの組み合わせで、コンテンツ強化と回遊率アップを目指しましょう!

BiNDupについて詳しくはこちら