SiGN Pro:鏡面効果で疑似グラデーション

sign

皆さんこんにちわ!オカベです!

早速ですが、今回はBiND・LiVEには欠かせないツール「SiGN Pro」について小技を少しご紹介。
SiGNといえば、皆さんご存知の通り、BiNDで編集しながら素材が作れる上に、素材の編集データも保持してくれるとっても有り難いツールです。

しかしこのSiGN、まだグラデーション機能がありません・・・。きっと「グラデーションをつけたい!」と思った方や、機会はそこそこあるのではないでしょうか。
私もその一人で、SiGN単体でのグラデーション表現は諦めていたのですが、ふとした時にSiGNでも表現できる事に気が付きましたので今回ご紹介したいと思います!

それがタイトルにもあります、鏡面効果を使った疑似グラデーションの作り方です!
それでは見ていきましょう。


そもそも鏡面効果(SiGN上の名称は鏡面反射)とは、SiGNの「エフェクト」にある効果のひとつで、本来は下図の様に画像が地面に反射している様に見せたい時に使います。ちょっとおしゃれ。
sign_step1

さてここからが本題です。実はこの効果、薄くなっている部分はバッチリ透過になっています!
ですので画像を重ねると、やんわり濃淡の変化があるグラデーションに!
sign_step2-1024x577

さらにカラーや、グラデーションの位置も変えられますので、色々雰囲気を変える事ができます。
sign_step3-1024x486

あまりオススメできませんが、ちょっと頑張ればこんな感じの表現も。
sign_step4-1024x544

ちなみにこの鏡面効果、「回転は使えません」。ご了承ください。
もし下を濃くしたい場合は、ベースの色を濃いめにして、薄い色で作った鏡面を乗せるといいかと思います。
sign_step4_5

是非色々試してみてください!


最後に、今回作成したSiGNパーツを配布したいと思います。
皆さんご存知かと思いますが、下記の手順で新しくパーツを追加することができますので、是非ご利用してみてください。

SiGNパーツをダウンロードする

sign_step5-1024x663
sign_step6-1024x663