コンテンツマーケティングに最適な2種のテンプレートを無料で追加!

こんにちは!
BiNDupで、テンプレートのデザインディレクターをしている、デザイナーのオモトです。

新しいBiND Pressが実装されたコンテンツマーケティングに最適なテンプレートを、10月に無償で追加収録!することが決まりました。

企業でも使える大型オウンドメディア個人利用に最適なブログメディアの2種をご用意。
どちらもBiND Pressの自動更新の仕組みをうまく使い、手動でページを更新する手間を極力省いた作りになっています。

今日はその新しいテンプレートのデザインをちょこっとお見せするとともに、2種の新作テンプレートのオススメポイントをピックアップ。
こだわり過ぎてたくさん推したいところがあり全部はご紹介しきれないので、これだ!というものをお届けしますね。

企業もOKの大型オウンドメディア「FUTURE JOURNAL」

テンプレートで確認する
※開発中のため変更となる可能性があります。

トップページはフロートするグリッドデザイン

まずはこちら。人気のグリッドデザインを採用しました。
昨年10周年のリクエストから生まれたテンプレート(Alice Flower Harajuku)でも挑戦しましたが、動きのあるフロートレイアウトは数ある記事を魅力的に見せるのにピッタリ。また、新着記事につくnewマークや、カテゴリ表示など、細かいデザインにこだわりました。

過去記事を埋もれさせない導線設計!

サイト内の回遊率を上げるためには、記事から記事へぐるぐると回るルートの形成が必須。このテンプレートでは、サイドメニューや新しいウィジェット機能を利用して回遊をサポート!過去記事が色褪せることなく持続的なPVの底上げを実現できます。

①オススメ記事をポップアップで表示


スクロールして読み進めるとイチオシの記事がポップアップ表示されるように設定すれば、ページ内の各記事からもアクセスを集めることができます。
BiNDupの新しいウィジェット機能が活躍します。

②BiND Pressの導線機能「新着記事表示」


新着順にインデックスを表示する新着記事リストも表示できます。

個人利用に最適なブログメディア「MINIMALLY Magazine」

テンプレートで確認する
※開発中のため変更となる可能性があります。

カテゴリをタブで切り替えて表示


各記事のカテゴリをタブで切り替えられるので、新着情報などの限られたエリアで、複数ジャンルの記事を見せることもできます。
新しいBiND Pressで、インデックスパーツがリンクパーツのような仕様に変わったので実装可能になりました。
省スペースのNEWSエリアのタブ切替はずっとやりたかった表現なのでどんどん使っていきたいです。

カテゴリ・タグのデザインはモノトーンですっきりと


カテゴリやタグのデザインはページの雰囲気に合わせてシックなデザインにしました。タグのデザインの変更したい場合はDressで可能です。カスタマイズのノウハウはまた別の記事で詳しくお伝えしますね。

アルバムブロック+インデックスで、グラフィカルな記事表現


例えばこんなインデックスの表現も。
記事のサムネイル画像をマウスオーバーすると、カテゴリと記事名を表示できます。

いかがでしたでしょうか。いよいよ10月末には、こちらのテンプレートをご利用いただけます。
ぜひ自由な発想でテンプレートを活用して、サイト内のブログ作りに役立ててくださいね。

新BiND Pressの使い方セミナーを申込む